べっぴんさんのヒロイン役の芳根京子さんが難病といわれる病気にかかっていたのです。

驚きました!!!

芳根京子さんは現在19歳。いったいどんな病気だったんでしょうか。

そしていつごろ発病したのでしょうか。どうやって病気が治ったのかも調べてみました。



スポンサーリンク


芳根京子の病気の名前(病名)は?

ギランバレー症候群!

運動神経をやられるので、筋肉に力が入らなくなる病気。

難病に指定されています。

原因はウイルスによる感染やワクチンか?! 本当の原因は不明です。



スポンサードリンク

ワクチンも結局弱いウイルスを身体に入れること。

身体の抵抗力がウイルスより弱い時に運動神経をやられるのでしょうか。

それとワクチンに防腐剤として入れられている水銀が原因ともいわれています。

ワクチンに水銀が入っているなんて、オバサマ知りませんでしたぁ・・恐いですぅ。水銀なんていりませんよー。デトックスしなくちゃねぇ。

ギランバレー症候群の芸能人有名人のまとめ!海外セレブについても


上記、答えはギランバレー症候群!

ギランバレー症候群は、視力障害がおこる病気なんですね。視力は大切です。かからないことが一番!でも、原因不明というところが・・・困ったものです。



スポンサーリンク



発病はいつ?

中学二年生!

治ったのはいつ?

1年後!

学校に行けなくなるほどひどかったようです。

治療法は?

一般的には病院で感染症の治療をするそうです。

芳根京子さんの場合、病院にも行かれたと思いますが、もっと違うことで治したのです。

それは神社にお参りして願掛けすることでした。


芳根京子さんの親は信心深く、娘のために地元杉並区の神社にお参りし、願掛けしたそうです。

神社の神さまのご利益がちゃんとあり、芳根京子さんの難病は治ったということです。

オーディションになかなか受からなかった時も、神社に願掛けしたら大役を射止めたということです。

中瀬天祖神社(芳根京子)の住所や行き方は? 願掛けの仕方も!

まとめと感想

芳根京子さんの病名はギランバレー症候群という難病でした。

でも、信心深い親のお陰で、神さまのご利益をいただき、治ったのです。


おまけにオーディション合格の願掛けもして、どんどん受かるように。

ついにNHK朝ドラ『べっぴんさん』のヒロイン役をゲット!


信じる者は救われる!とはイエス・キリストの言葉ですが、日本の神社パワーもすごい!笑

オバサマも病気になったり、困ったときは、苦しい時の神頼み! 近所の神社にお参りに行きます!

ギランバレー症候群の芸能人有名人のまとめ!海外セレブについても