スポンサードリンク


シカゴ・マラソンが10月9日(日)にありますよー。

このマラソン大会で市の経済も潤るおうほどに

参加者や見物人が集まるそうです!

なにせ、参加者だけでも世界中から来ますし。

付き添いの人や見物人を入れると、すごい数になります。

シカゴ・マラソン2016年のコースや優勝候補、

日本人選手たちは誰かなど、調べてみました。

シカゴマラソンとは?

引用元: https://twitter.com/ChiMarathon/media
引用元: https://twitter.com/ChiMarathon/media

1977年に始まった世界トップレベルのマラソン大会。

スポンサーはバンク・オブ・アメリカ。


世界のトップランナーやアメリカ市民など100ヶ国以上から4万人参加のマラソン。

毎年10月の第二日曜日に開催され、制限時間は6時間30分。

開催地がアメリカイリノイ州シカゴなのでシカゴ・マラソンと呼ばれる。


日本人選手の優勝は1986年10月26日の瀬古利彦(せことしひこ)選手の一回きり。

男女とも圧倒的にケニアが優勝!

車椅子の部もあり。

マラソンコースは平坦なダウンタウンを走るので世界記録が出やすい。

シカゴマラソン2016のコースは?

シカコ市のグランドパークを出発し、ダウンタウンを一周してグランドパークに戻る平坦なコース。

2016年のマラソンコースは、2005年、2012年のコースと同じようです。

スポンサードリンク

シカゴマラソン2016の優勝候補は?

男子の部の優勝候補は、昨年の優勝者ディクソン・チュンバ(ケニア) 2時間9分25秒。

他に、2014年の優勝者エリウド・キプチョゲ(ケニア) 2時間4分11秒、
 
2013年優勝者デニス・キメット(ケニア) 2時間3分52秒。

ワ~、ケニアの選手ばっかり!

2003年からシカゴ・マラソンの男子の部優勝者は、2012年以外、ずっとケニア。

なんかケニアばっかりだと面白みがないですねぇ 苦笑。

シカゴ・マラソン女子部の2016年の優勝候補は

2015年優勝者のフローレンス・キプラガト(ケニア) 2時間23分33秒!

2014年と2013年優勝者のリタ・ジェプトゥー(ケニア)!

やっぱりケニアじゃん 笑!

シカゴマラソン2016出場の日本人選手たちは?

日本からは、佐々木悟(30歳) 自己最高タイムは、2時間8分56秒(2015福岡国際)。

2014年シカゴ・マラソンは2時間15分25秒で17位。

北島寿典(31歳)自己最高タイムは、2時間9分16秒。

シカゴ・マラソンは初出場。


石川末広(37歳) 自己最高タイムは、2時間09分10秒。

シカゴ・マラソンは初出場。


ケニアの優勝選手と5分差なんですが、

この5分差に世界の強豪がずらりってことなんですね。

日本人選手たちの優勝の可能性はほとんどないようです。トホホですねぇ。


日本のマラソン選手たちもケニアに行って、ケニア選手と一緒に練習を積めば速くなるのでは?!

速い人達が当たり前の世界にいると、人間、自然とレベルがアップするのですよ。

不思議な話ですけど。


日本の女子マラソンの選手は誰も出ないみたいですね。

寂しいワ~。

12月の福岡マラソンにかけているのでしょうか。

シカゴ・マラソン2016年まとめ

優勝候補は男子も女子もケニア選手で面白みに欠ける。


ケニアがマラソンに強い理由は、

ケニアは高原があって、そこで生まれ育った人達は最初からマラソン体質。

さらに高原トレーニングで速さを磨く。


年齢別の優勝者やハンディキャップの優勝者が面白そうです。

あとはマラソンの世界記録が更新されるかというところに面白みがありますね。


シカゴ・マラソンは市民マラソンなので、

プロのマラソン選手以外での参加者が圧倒的。

ロックバンドの演奏を聴きながら走ったりするので楽しいそうですよ。