刑事コロンボ「構想の死角」が作られたのは1971年。刑事コロンボシリーズの第3話。なんと今から45年も前です!半世紀近く前ってことですよね。

刑事コロンボのやり方は、心理作戦。犯人をネチネチ追い詰めるので何十年経っても色あせないドラマです。

ドラマの初めにタイプライターを叩く音が。オバサマには懐かしい音。ああ、あの時代はタイプライターだったのねと改めて思い出しました。



スポンサーリンク

引用元: https://www.youtube.com
引用元: https://www.youtube.com

刑事コロンボ「構想の死角」のネタバレなあらすじは?

ミステリー小説シリーズで成功した作家ジム・フェリスは、ビジネスパートナーのケン・フランクリンに殺されてしまうんです。

ケン・フランクリンの殺しの動機は、ジム・フェリスが「小説シリーズが終了したら、独立する」と言い出したからでした。

二人は共同で小説を書いていることになっていたんですが、実際に書いていたのはジム・フェリスで、ケン・フランクリンは広報担当だったのです。

ケン・フランクリンは、ジム・フェリスに去られると、贅沢な暮らしを続けられなくなるので、保険金を目当てにジム・フェリスを殺してしまいます。

あたかもジム・フェリスがギャングに狙われたかのようにカモフラージュするため、死体をわざわざ自分の屋敷の庭に捨てて、ギャングから脅されているかのように見せかけます。


しかし、未亡人で雑貨屋を経営するリリー・ラ・サンカは、ジム・フェリスがケン・フランクリンの車の助手席にいたのを目撃。

ケン・フランクリンを脅迫して15,000ドル(映画製作1971年のレートで471万円。現在のレートで約152万円)を要求したため、

ケン・フランクリンに殺されて、湖で事故死したように細工されてしまいます。



スポンサーリンク

解決の決め手は、コロンボがジム・フェリスが書き残したメモに見つけたこと。

そこにはジム・フェリスが殺された時と同じ犯行の手口が書かれていました。

ケン・フランクリンはコロンボの巧みな心理的揺さぶりと誘導で、「その犯行の手口は自分のアイディアだ」と告白してしまいます。


ジム・フェリスがケン・フランクリンのアイディアまで書き残していたことを知らなかったケン・フランクリン。

第1の犯行のやり方を知っているのは、殺されたジムと殺した犯人だけだっただからです。

刑事コロンボ「構想の死角」の吹き替え(声優)は誰?

刑事コロンボの声優は小池朝雄さん

1985年に54歳で亡くなっています。

ケン・フランクリン役の声優は田口計さん。1933年生まれで現在83歳。

ジム・フェリス役の声優は堀勝之祐さん。1941年生まれの75歳。

ジムの妻ジョアンナ・フェリス役の声優は野口ふみえさん。1938年生まれの78歳。

リリー・ラ・サンカ役の声優は林洋子さん。年齢不詳。


スポンサーリンク

刑事コロンボ「構想の死角」ケン・フランクリン役の俳優は誰?

ジャック・キャシディ、撮影時の年齢は44歳。

1927年生まれで1976年、「構想の死角」から5年後に火事にあって焼死、49歳。

ニューヨーク州クイーンズの生まれ。

2度の結婚と2度の離婚。家族は4人の息子と1人の孫娘。

刑事コロンボ「構想の死角」の感想とまとめ

この映画の監督はなんとスティーブン・スピルバーグ

1946年12月18日生まれなので、29歳のときの作品ですね。

スティーブン・スピルバーグが刑事コロンボで監督したのはこの1作のみ。


ケン・フランクリンがジム・フェリスを殺した動機はお金のため。

刑事コロンボシリーズの犯人は裕福で社会的な地位も高い人。そういう人がお金のために、理性を失って身近な人を殺す!

そんなに人って誰かを簡単に殺せるもんですかねぇ。アメリカ社会ではありがちなことなのかしら。

日本だと裕福な階層ほど殺人は少ないと思いました。日本人は「足ることを知る」という美徳を持っていますから。

なあんて 笑。


スポンサーリンク

そしてヨレヨレのコートを着た一見冴えない刑事コロンボ。そんな刑事が、ネチネチとお金持ちの犯人を責めていくところが、一般人の大金持ちへの怒りを代弁してくれているのでしょうか。


あるいは、ダサ男の刑事コロンボが、お金持ちでカッコよくて女にもモテる羨ましい男を追い詰めていくところが、一般人には小気味良いというところでしょうか。

とにかく刑事コロンボにかかってしまったら、完全犯罪はあり得ない、ということ。

そして、常に悪は滅びるというところが良いのでしょう。