スポンサードリンク


ノバク・ジョコビッチがウインブルドン3回戦(2016年7月2日)で
サム・クエリーに敗れてしまいました。

年間グランドスラムの夢は絶たれましたね。残念です。
って、本人が一番悔しいでしょうね。

対戦結果は 6-7 (6-8), 1-6, 6-3, 6-7 (5-7)でした。

世界中が驚いたのでは? まさかの展開でした。
クエリーはジョコビッチを破ったことで自信満々でしょうね。

勢いにのって、クエリー、ウインブルドン優勝か?!

ジョコビッチを破ったクエリーってどんな人なのか興味しんしん。
調べてみました。

出典: https://www.facebook.com/SamQuerrey/

クエリーのプロフィール

名前:サム・クエリー (Sam Querrey)
国籍:アメリカ合衆国
年齢:28歳
誕生日:1987年10月7日
星座:てんびん座
出身地:サンフランシスコ
身長:198㎝
体重:95.5kg
利き手:右
バックバンド:両手
活動期間:2006-

シングルスランキング:41位
ダブルスランキング:42位

2メートル近くあるんですね。
ジョコビッチより10㎝高く、体重は17kgも重い。

2010年にウインブルドンで4回戦まで行ってます。

クエリーがテニスを始めたのはいつ?

クエリーさん、テニスを始めたのは4歳!
そんな小さい子がラケット振り回せるのか・・

2メートル近い大人だから、4歳の時は8歳くらいの身長があったのでしょう?!

クエリーさんのお父さんがスポーツマンで、元野球選手だったそうです。
テニスはお母さんの勧めで始めたとのこと。

なんで野球でなかったのかしら?
お母さんが野球嫌いだったとか 笑

クエリーは大学に行かないでプロになったのです。
南カリフォルニア大学の奨学金の申し出を断ってプロの道を選びました。

お勉強はあまり好きではなかったのですね。

クエリーの得意なテニスの技は?

サーブとフォアハンドショットです。

最速238km/hのサーブ!

やっぱり身長と体重があるから、豪速球サーブ出来るんですね。

クエリーの4回戦の対戦相手は?

フランスのニコラ・マユ(34)です。身長190.5cm、体重80kg。
クエリーさんとは体重差が15kgです。

写真を見ると、ニコラ・マユさん、少し神経質な感じですね。
雰囲気はやっぱりフランス人さが漂っているような・・

二人の対戦が楽しみな私です。

出典:http://www.my-angers.info/
出典:http://www.my-angers.info/