午前十時の映画祭7が始まって

半年経ち、盛り上がっています。

今年で3回目の企画だそうで、

参加者300万人とか。

10月8日から11月4日まで

「七人の侍」の上映。

この映画、オバサマ3回観ました。


1回目は、中学生の時、テレビで

今は亡き父と一緒に。

父が「良い映画だから

ぜひいっしょに観よう」

と言ってくれて。


二回目は、二十代の時、映画館で。

黒澤明の特集をやっていたんです。


三回目は、20年以上経って、ビデオで。




最初に観たのは十代の時。

感想は怖かった 笑。

中学生の女の子にはちょっと恐い映画でした。

村が山賊に襲われるという設定から怖かったです。


二十代で観た時は、黒澤明より

溝口健二がしっくり来ていたので

あまり感動しませんでした。


そして、二十年くらい経って

中年となったオバサマ、

人生の酸いも甘いも知ったからか

すごーく感動!

やっと「七人の侍」の素晴らしさが

心に響いたのでした。

引用元: https://twitter.com
引用元:
https://twitter.com

「七人の侍」は

人生の節々に

違った感動を与えてくれる

名作中の名作でしょうか。


映画館の大スクリーンで

他の観客といっしょに

ぜひ観ていただきたいです。

午前十時の映画祭7の意味は?

全国55の映画館で一斉に

同じラインナップ(29本の映画)で

1年間に渡って上映する映画祭。

午前十時の映画祭7の期間は?

2016年4月2日から2017年3月24日(金)まで

映画上映開始時間は?

毎朝10時から。

北は北海道の札幌の映画館から

南は沖縄の映画館まで

55の映画館が参加しています。

スポンサードリンク

午前十時の映画祭7のラインナップ(スケジュール)は?

上映映画は全部で29本。

現時点で15作品の上映が終わっているので、

ラインナップはこれからのもの14作品をあげます。

映画館によって、期間中の2作品の上映が前後します。

9月10日(土)~10月7日(金)

テーマ:精一杯生きる

「生きる」

「いまを生きる」

10月8日(土)~11月4日(金)

テーマ:最後に勝つのは誰だ

「七人の侍」

「続・夕陽のガンマン/地獄の決闘」

11月5日(土)~12月2日(金)

テーマ:芸術家の魂

「戦場のピアニスト」

「モンパルナスの灯」

12月3日(土)~12月30日(金)

テーマ:刑事と宿命

「砂の器」

「めまい」

12月31日(土)~1月27日(金)

テーマ:新年はアジア映画

「初恋のきた道」

「山の郵便配達」

1月28日(土)~2月24日(金)

テーマ:人は人を救えるのか

「アラバマ物語」

「奇跡の人」

2月25日(土)~3月24日(金)

テーマ:哀しみの果てる、その先に

「浮雲」

「愛と哀しみの果て」

詳しくはこちら 上映館と上映作品

午前十時の映画祭7の料金(チケット)は?

大人1,100円 学生500円 税込み

割引券は使えません。

午前十時の映画祭7の目的は?

映画ファンの育成だそうです。

若い人の映画離れが進んでいるそうです。

映画をよく見るファンの方にも、

「一度見たから、もう見なくてもいい」のではなく、

亡くなった映画評論家 淀川長冶さんの

この言葉をお知らせしたいと思います。

『いい映画を選んで、

何回も何回も見ることがたいせつです』

引用元:午前十時の映画祭7 よくあるお問い合わせ