スポンサードリンク


ジョンハンケというポケモンGOを作った開発者の話がメチャ面白いです!経歴や国籍について。ポケモンゴーの史上空前ヒットで開発者本人のポケゴーレベルは5!だそう。笑 眠る時間がないほど大忙しのジョンハンケさん(ナイアンティックCEO)のこと、書いてみます。

ジョンハンケ【ポケモンGO】の経歴や国籍

名前:ジョン・ハンケ(John Hanke)

生年月日:不明 (49歳)

出身地:テキサス州クロス・プレインズ

国籍:アメリカ合衆国

最終学歴:カリフォルニア州立バークレー校 経営修士(MBA)

経歴:キーホール社設立(CEO)、Google副社長、ナイアンティック社設立(CEO)

開発したゲーム:2010年「イングレス」2016年「ポケモンGO」  

その他:2005年「グーグルアース」開発

ジョンハンケさんが生まれ育ったテキサス州クロス・ブレインズという町は、人口なんと1,000人! すごいど田舎じゃーん。

なんでも町に信号が1つしかないそうです。はぁ~。

テキサス州の大都市ダラスまで180キロくらいですね。

テキサスといえば、カウボーイ。男の子なら誰でもカウボーイごっこして遊んだはずですが、ジョンハンケさんは子供の頃からゲーム大好き少年だったんです。1人でひたすらゲームってこと?

ジョンハンケさん、ゲームに興じるだけでなく、自分でゲームのプログラミングをマスターしちゃったというから、すごい! やっぱり頭がいいのねぇ・・

ところで、このど田舎の町(失礼!)クロス・プレインズには1人有名人がいたのです。ミュージアムもあります、小さいですが。

スポンサードリンク

その有名人とは、ロバート・アーヴィン・ハワード、『英雄コナン』シリーズの作家ですよ。
1936年、今から80年前、クロス・プレインズにて30歳で亡くなってしまいましたが。

ジョンハンケさんはクロス・プレインズで2番めの有名人として、銅像でも立つのかな・・
超お金持ちなんで、町のために寄付なんかするんでしょうね。

ポケモンGOレベル5って?

ポケモンGOの「レベル」とは、ポケモンの強さを表す段階の数値。

決められた「経験」を積むと次のレベルに行ける。

最大レベルは40

ジョンハンケさんのポケモンGOレベルは「5」! まだ8分の1のところ。

最大レベル40まで先が長いですなー。

ナイアンティック社

ジョンハンケさんが設立した会社です。

資金を出したのは、Google社、任天堂、ポケモン社、エンジェル投資家。

その資金って3500万ドル・・オバサマの電卓、桁が足らなくて 苦笑
えっと~、百万ドルが1億円だから、35億円ってとこでしょう。

みなさん、チョ~お金持ちなんですね。

で、このポケモンGOの世界的ヒットで、この35億円がいったいどのくらいの利益をもたらしてくれるのでしょう。
ジョンハンケ ポケモンGO開発者 ナイアンティックCEO

CEOって何?

CEOとは、最高経営責任者のこと。つまり、「社長」です。

ジョンハンケ、ポケモンGOの生みの親、まとめ

日本のポケモンとアメリカ人のアイディアが融合して、世界を巻き込んだ空前のヒットが生まれたところが面白いです。

今戦争やっている国は、武器を捨てて、ポケモンGOと交換して、お互いゲームで競ったら!? 最高レベル40目指して、対立する二国の兵士も政治家もみんな一緒にポケモンGO!

ポケモンGOやっているうちに、みんな戦争なんてバカバカしい。楽しことがいい。楽しいコトやって生きていこうよ!なんて考え方が変わって行くと面白い。ふとこんなこと思ってしまいました。

以上オバサマでした。