スポンサードリンク


どら焼きといえば、ドラえもんがパッと頭に浮かんじゃうオバサマ 笑。
要潤さんイチオシのどら焼きあり(要潤さん、超イケメンなので大好きです!)
それが喜風堂(中目黒)のどら焼きというわけ。

女性セブン(2016年9月8日号)掲載の
喜風堂のどら焼きは、手土産におすすめ!
だと要潤さん。

喜風堂のどら焼きの値段や評判&地方発送について調べてました。

喜風堂 どら焼き
http://www.kifudo.jp/

喜風堂のとら焼きとは?

喜風堂のホームページの説明によると

ふっくらと焼き上げた代々伝わる秘伝の皮に、

じっくり豆から炊き上げた粒餡をはさみました。

レモン風味餡 コーヒー風味餡も御座います。

スポンサードリンク

「代々伝わる秘伝の皮」には口コミによると
バターの風味がするということなので
バターが入っているようです。

ホットケーキみたいですね。

「じっくり豆から炊き上げた粒餡」

オー、美味しそう!
もうこれを読んだ時点で生つばものです。

普通のどら焼きの他に、
「レモン風味餡」「コーヒー味餡」も美味しそう。

喜風堂のどら焼きは3種類です。


口コミによると
「コーヒー味餡」を食べる時は、
コーヒーよりも緑茶が合うとのこと。

喜風堂は1921年(大正10年)創業の和菓子店。

95年前に出来たお店なんですね。
大正、昭和、平成と3つの時代の中目黒の人達に
美味しい和菓子を提供してきたってことですね。

喜風堂のどら焼きの値段は?

どら焼きのお値段は1個189円(税込み)!

東京都内の有名などら焼きは、1個210円から230円が多いので
189円ということは、お安いってことですね。

喜風堂のどら焼きの評判は?

どら焼きはほかにもありますが、ここのは格別!!

あちこちのどら焼き食べての感想でしょうね。

東京は、どら焼き激戦区?なんで、評判を聞いて買った方がいいですね。

少し小ぶりで、皮の生地にバターの風味がして
ホットケーキを思わせるような味
他にもレモン味などがありますがシンプルなどらやきの方が美味しいです。

どら焼きは、あんこ以外もイケますねぇ~(当たり前)w 
コーヒーが一番甘く感じたのは意外。

白あんにコーヒーが入った餡が苦くて
甘さを打ち消しているという感想も見ました。

きっと食べた人の体調で、甘さが強かったり
苦かったりってことじゃないでしょうか。

注目のレモン餡は、控えめな甘さの白あんに、
レモン果汁が練りこまれたもの。

レモンの酸味はあまり強くなく
どちらかというと爽やかさを感じます。

レモン汁入の白あん!
爽やかな味とは、美味しそうです。
生つば、生つば!

皮は表面がきめ細かくてしっかりとした生地のやや硬めのもの。
マーガリンの香りと味が強いので洋風な味付けです。

えっ、マーガリンなの? バターと書かれているのも見ました。
いったいどっちが本物なのかしら。

オバサマはバターの方が好きですよー。

マーガリンは、身体に危険なトランス脂肪酸が入っているので避けたいです。

餡はやや塩気があり甘さ控えめのさっぱりした粒あん。
ただし餡の量が少なめなので、もっと多くてもいいかも。

皮の洋風感のおかげで
「どら焼」と「パンケーキあんサンド」の中間のような感じ。

「パンケーキあんサンド」風な どら焼きなんですねぇ。
ますます食べてみたくなりました 笑。

喜風堂のどら焼きの地方発送は?

ホームページによると、
「中目黒 和菓子の喜風堂 地方発送承ります。」
とあるので、地方発送してくれますよ。

喜風堂のどら焼きのお取り寄せ出来るってことですね。

http://www.kifudo.jp/

因みに、どら焼きの賞味期限は13日だそうです。

要潤さんおすすめの理由は?

https://twitter.com/kanamescafe
https://twitter.com/kanamescafe

まあ、結局おいしいからおすすめなんですが、要潤さんの言葉によると

しっかりしている皮のなかに、上品な甘さの餡がぎっしり入っていて、とてもおいしい!
男性女性問わず、誰もが好むような味だと思います。

ということです!

「餡がぎっしり入っていて」と要潤さんはいわれていますが、
「餡が少ない」という感想もいくつかありました。

餡たっぷりのどら焼きに慣れしている人には「少ない」のでしょうかね。

ところで、要潤さんは、喜風堂のお得意さまみたいです。

要潤という刻印が押されたどら焼き(非売品)があるのですよ!

これってすごくないですか。

どら焼き食べると「要潤」も食べちゃうのです 笑。

ところで、ドラえもんが喜風堂のどら焼き食べたら、どんな感想かな。
ドラちゃんはどら焼きだったら、何でも美味しいロボットちゃんかしら。
ホホホ!

以上、オバサマでした。