レディガガが線維筋痛症(せんいきんつうしょう)という病気のため、活動休止を発表しましたね。線維筋痛症とは、どんな病気なのでしょうか。症状や治療法、病気の原因について調べてみました。

ガガさんの病気といえば、昨年12月にPTSD(心的外傷後ストレス障害)であることを告白。原因は19歳の時に受けた性的暴力です。

ガガさんは、性的暴力を受けたことをそれより2年前に告白しています。7年間もこの「性的暴力事件」のことは、だれにも言わず、秘密にしてきました。同時に、自分をずっと責めてきたのです。



スポンサーリンク

レディーガガが実践している(線維筋痛症の)慢性の痛み対処法とは?

→ 線維筋痛症の芸能人や有名人のまとめ!レディーガガ以外の海外セレブも


線維筋痛症とは

線維筋痛症とは、簡単にいうと、慢性的な全身の筋肉の痛みで、女性の方が男性より多い病気。死に至る病ではない。

ちなみに線維筋痛症は、英語で fibromyalgia 発音(日本語表記)は、ファイブロマイアルジア。

スポンサードリンク

線維筋痛症の症状

症状は、全身の筋肉の痛み、疲労、睡眠障害、うつ、集中力の欠如など。

線維筋痛症の原因

原因は、まだはっきりしていません。遺伝、事故によるケガ、注射、精神的打撃などが考えられています。家族に線維筋痛症の人がいると、かかりやすい傾向にあるので、遺伝的要因もあるのです。

レディガガさんの場合、原因は、自分を責めてきたからでしょうね。自分を責めることは、自分に怒りをぶつけること。怒りで体が悲鳴を上げているのが「痛み」という症状になっているのではないでしょうか。心が病めば、体が病む。そういいますからね。

線維筋痛症の治療法

根本的治療法は、現在のところ残念ながらありませんが、痛みを抑える薬プレガバリン(リリカ)が使われています。※休養を取ること、運動すること、ストレスを減らすことも、回復への道です。

ガガさんも、今年の12月のコンサートが終わったら、無期限の休養に入ります。今まで、痛みをこらえて、世界中を回って音楽活動し、ファンを勇気つけてきたのだから、ゆっくり休んでもらいたいですね。

それから、もう自分を責めることはやめて、自分を許してあげて欲しいです。性的暴力に遭った人が自分のせいにして自分を責めるなんて、悲しすぎますから。



スポンサーリンク

まとめ

線維筋痛症とは、全身の筋肉が痛む病気で、疲れや睡眠障害やうつを伴う。原因はさまざまではっきりせず。治療法はなく、痛みを抑える薬プレガバリン(リリカ)があるのみ。

レディガガさんが線維筋痛症であることを告白。12月のコンサート後、無期限で休養を取り、治療に専念する。

心の痛みは一人で悩まんでいないで、専門家に相談しましょう。

この記事があなたのお役に立つと幸いです。

レディーガガが実践している(線維筋痛症の)慢性の痛み対処法とは?

→ 線維筋痛症の芸能人や有名人のまとめ!レディーガガ以外の海外セレブも