スポンサードリンク


テニス世界ランキング6位の錦織圭選手が生まれ育ち、実家がある、島根県松江市。いったいどんな所なのでしょうか。

松江と言えば、一般的に、水の都といわれ、日本海や宍道湖(しんじこ)の海の幸に恵まれた風情豊かな山陰のまち、松江城(国宝2015年7月8日より)があるまち、文学者 小泉八雲(こいずみ やぐも)が魅了されたまち、茶道が盛んで茶菓子が美味しいまち、島根県の県庁所在地として知られています。

他にも面白いものないかなぁと、夏の花火大会や観光名所など、調べてみました。

面白そうだと思ったイベントは
【松江 湖上花火大会 】2016年7月30日開催
【ゴーストツアー】小泉八雲「怪談の世界」訪問
【ミステリーツアー】ひ孫の小泉凡さんガイド2016年9月10日
【甲冑ツアー】城下町を歩く⇒松江城
です。

松江の湖上花火大会2016年(西日本最大級)

湖上花火大会2016年7月30日(土) 西日本最大級 1万発花火!
打上げ開始予定:20:00(60分間)

Twitter
Twitter

有料観覧席(白潟公園内) チケットのみ

料金:マス席20,000円大人5人 小学生以下2人、階段席4,000円、椅子席5,000円
発売期間:2016年4月26日(火)10:00~7月26日(火)
https://www.jtb.co.jp/ticket/event.asp?id=382090

松江水郷祭 湖上花火 日帰りツアー(JR出雲市駅発/JR米子駅発)

有料観覧席(白潟公園内)椅子席にて観賞(夕食用お弁当とお茶付き)
4~5人グループはマス席可
料金9,980円/人
交通費、有料観覧席、お弁当とお茶まで付いて、9,980円はお得だと思います!
http://www.ichibata.co.jp/travel/index.php/page/detailed/id/871

一万発!?それも宍道湖の上を花火が彩るんですから、壮大です。

松江の観光ツアー【面白い】

松江【ゴーストツアー】小泉八雲「怪談」の世界探訪

開催日:毎月3回(土曜日) 集合時間:日没10分前
日没10分前集合というのが面白い! 闇の世界で小泉八雲の「怪談」の世界があなたを待っていますよ~。
http://www.matsue-tourism.or.jp/cgi-bin/rus7/new/view.cgi?d=27

松江【ミステリーツアー】小泉凡さん(小泉八雲のひ孫)ガイド

2016年9月10日(土)9:30~17:00 予定
料金:5,000円 (昼食付き)
申し込み〆切:2016年8月20日(土)
http://www.matsue-tourism.or.jp/cgi-bin/rus7/new/view.cgi?d=79
お昼付き、貸切バス付き、小泉八雲のひ孫さんのガイド付きで、丸一日ツアーが5,000円は安い!
ひ孫の小泉凡(55歳)(こいずみ ぼん)さんは、小泉八雲記念館顧問&大学教授(島根県立大学短期大学部)。きっと面白い話がたくさん聞けますね。

【甲冑ツアー】城下町 ⇒ 国宝「松江城」登閣

松江武者行列使用の甲冑(かっちゅう)着用して城下町を歩くツアー
最後は、国宝「松江城」へ登閣、あなたも武士体験!
http://www.kankou-shimane.com/ja/tour/detail/918

松江の武家屋敷と塩見縄手「日本の道100選」

中級階級武士の屋敷が通りに沿って続く。通りは「塩見縄手(しおみなわて)と呼ばれ、建設省「日本の道100選」に選ばれています。
武家屋敷入場料は大人300円、小中学生150円、外国人大人150円、外国人子供80円。
http://www.matsue-tourism.or.jp/buke/page01.html

松江の温泉~玉造温泉(日本三大名泉)

玉造温泉(たまつくりおんせん)は、日本三大名泉の1つで『出雲国風土記』という8世紀の書物に温泉の美肌効果のことが記載されています。

天然の美肌化粧水といわれていて、玉造温泉をお肌に8週間使うと

潤い補給~水分量165%アップ
美しいお肌~きめが整い、クスミ軽減
キレイな肌色~日本人がきれいと感じる肌色に

美容成分日本一!といわれています。

松江の神社~熊野大社(一之宮)・神魂神社(国宝)・八重垣神社(鏡の池)・田原神社(小泉八雲)

熊野大社(くまのたいしゃ)

出雲の国の一の宮で、神様はスサノオノミコト(素盞嗚尊)です。

神魂神社(かもすじんじゃ)

神様は、イザナミノミコトとイザナギノミコト。本殿は国宝。大社造りで日本最古(1583年)。

八重垣神社(やえがきじんじゃ)縁結び神社

神様は、スサノオノミコト(素盞嗚尊)とクシダヒメ(櫛稲田姫)。「鏡の池」の良縁占いは有名で、社務所で半紙を書い、硬貨を載せて池に浮かべます。半紙が早く沈めば早く嫁ぐ、半紙が遠くで沈めば遠くに嫁ぐ。イモリが半紙の上を横切って泳ぐと、玉の輿に乗るような縁に恵まれるといわれています。早く嫁ぎたい人は、載せる硬貨は500玉が良いでしょう。

田原神社(たわらじんじゃ)

神様は、タケミカヅチノオノカミ(建御雷之男神)、フツヌシノカミ(経津主神)、アメノコヤネノミコト(天児屋命)、ウカノミタマノカミ(宇迦之御魂神)。神様が多いのは江戸時代に春日神社と合わさり1つになったから。

一の鳥居には山陰地方最大の狛犬が鎮座し、長い石段脇の灯籠の上には干支の動物の石像が置かれています。小泉八雲記念館の裏手の山にあり、春は枝垂れ桜・サツキ、秋は紅葉と四季折々の美しさがあり、小泉八雲が好んで散策していたそうです。

松江の神話スポット 黄泉比良坂(よもつひらさか)

黄泉比良坂(よもつひらさか)とは

あの世(死者の世界)とこの世の境目。黄泉(よみ)の国と現世の境目だとされる峠です。

イザナミとイザナギの神話の世界に出てくる地名。イザナギは、愛する亡妻イザナミを忘れられず、黄泉比良坂を通って、黄泉の世界に迎えに行きます。ところが、妻の変わり果てた恐ろしい姿を見てしまい、峠の境目まで逃げ帰り、入り口を大岩で塞いでしまいます。

かつてこの辺りに古墳があったそうです。この黄泉比良坂は古墳の入り口だったのかもしれませんね。

北川景子主演 映画『瞬 またたき』(2010年)のロケ地

監督:磯村一路 原作:河原れん

映画は、花見の帰りに事故に遭い、自分は生き残ったが、恋人を亡くした泉美。
ショックで記憶を失ってしまう。記憶を取り戻すために、事故の瞬間を思い出そうとする話。
恋人淳一(岡田将生)の実家が松江市(撮影当時は東出雲町で松江市に併合)となっている。

松江の遺跡~田和山遺跡・出雲国庁跡・国分寺跡

田和山遺跡(たわやまいせき)~弥生時代(2000年前)の遺跡で丘の上にあり、巨大な城壁に囲まれた砦だったとされています。日本唯一のユニーク構造を持った遺跡。丘の頂上には9本柱の高床式建物があり、宗教的な目的で使われていたのではとされています。松江のパワースポットと呼ぶ人もいるとか。

出雲国庁跡(いづもこくふあと)~奈良時代・平安時代・鎌倉時代・南北朝時代・室町時代まで存在した今でいう県庁。学校や倉庫、玉つくり工房などがありました。出土品は「風土記の丘(ふどきのおか)」に展示されています。

出雲国分寺跡(いづも こくぶんじあと)~741年(天平13年)聖武天皇の勅により建てられた。出土品は「風土記の丘(ふどきのおか)」に展示されています。

松江市の人口2016年5月末 人口密度

人口 20万4千人余(山陰最大)男9万8千人 女10万6千人 世帯数8万8千世帯
松江市の人口密度 360人/1平方キロメートル 全国の市の人口密度ランキング419位

松江市の面積 

572.99平方キロメートル、島根県で4番目に大きい
2011年東出雲町と合併により530.2平方キロメートル⇒572.99平方キロメートル

松江市まとめ

弥生時代からの遺跡に始まり、美肌効果抜群の玉造温泉、日本に帰化した文学者小泉八雲、2つの国宝(神魂神社と松江城)など、魅力あふれる松江市。錦織選手の実家があるだけにさすがだと思いました。住み心地が良さそうな所ですね、松江は。機会があればぜひ訪れてみたいです。