スポンサードリンク


ノドグロ(喉黒)とは

魚の赤ムツの地方名で、日本海で取れたものをノドグロと呼びます。喉の奥が黒いことからノドグロ。日本海以外で取れたものはノドグロとは言わず、赤ムツ。

出典:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1790003246/
出典:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1790003246/

ノドグロの味は?

「白身のトロ」とも呼ばれ、上品なお味なので、美食家好みの高級魚とか。

島根県浜田市の市の魚に指定されているそうです。

錦織圭選手はこのノドグロの塩焼きが好物なんです! 

海産物豊かな島根県松江市に育つとお口がグルメになりますわね。

2014年全米オープン準優勝の錦織圭選手が帰国時、食べたいものに「ノドクロ」をあげ、注目を浴び、それ以来、人気が出ています。

ノドグロの産地は?

日本海側の各漁港で扱われています。佐渡、富山、金沢、境港、浜田、萩など

ノドグロの旬は?

1年通して脂がのって美味しい魚。あえていうなら、塩焼きや鍋なら【冬】、刺し身や握り寿司なら【夏】。

ノドグロの値段?

ノドグロは一尾「200gを超えたもの」が脂が多く美味しい魚だそうです。
200gの干物(一夜干し)が1,500円~2,000円、300gでは2,500円くらいです。
1キロの刺身にもできる大物のどぐろ一尾のお値段は1万円くらいです。

ノドグロのレシピは?

1.ノドクロの煮付けが味が濃厚で美味しいそうです。

2.ノドグロの塩焼きは、錦織圭選手のお好みです。
適度に脂が落ちてトロケるような身が絶品とか。

家庭で作る場合、煮付けが失敗がなく、簡単なようです。
焼き物は、ノドクロの皮が薄いので、網に付いたり、煙もうもうなので、焼くとき工夫が必要です。

3.小さいノドグロの炊き込みご飯
小さいものは安く手に入ります。脂身が少ないので炊き込みご飯にすると美味しいそうです。
だしつゆを入れて、普通にご飯を炊きます。ノドグロはイクラと相性が抜群なので、
トッピングにイクラをのせると見た目もキレイでとてもいけるそうですよ。あ~、美味しそう。

4.ノドグロのお茶漬け
お茶漬けが好きな方は、一夜干しのノドグロを焼いたものをほぐし
焼き海苔、青ネギ、昆布茶粉末、わさびなどお好みで加えて、お茶漬けはどうでしょう。

5.ノドグロのブイヤベース
洋風がお好みの方は、他の魚介類も入って盛り沢山なブイヤベースはいかかでしょう?
サフラン、ブーケ・ガルニ、オリーブオイル、白ワインが必要になります。

錦織圭選手が某コマーシャルで食べていたのがノドグロのブイヤベースでしたね!

ノドグロの英語名は?

アカムツは Rosy Seabass よって、地方名であるノドグロも Rosy Seabass
”Nodoguro, Rosy Seabass”としてもいいのでは?

まとめ

一匹の魚で、色々料理できるのですね。錦織圭選手のお陰で勉強になりました。
ありがとう、錦織さん!

ノドグロを食べる時は、錦織圭選手のことを思い浮かべながら、食べちゃいそうです!