スポンサードリンク


坂本龍馬って31歳で亡くなったんですねぇ。

それも暗殺。

いったい誰に殺されたのでしょうか。


暗殺者が誰だか、今でも

はっきりとわかっていないそうです。


時代は江戸末期。

日本が大きく揺れた時代ですね。


一説によると、目的は坂本龍馬ではなく

一緒にいた中岡慎太郎だったとか。

中岡慎太郎は2日後に亡くなっており、

事件の詳細を同じ土佐藩の谷干城らに語ったのに

暗殺者がはっきりしないというのは変ですね。


坂本龍馬は即死だったそうなので

狙われたのはやっぱり

坂本龍馬だったようにも思えます。

暗殺者は誰だったんだろうなんて

疑問を抱きながら、この坂本龍馬の

没後展に行くと面白いでしょうね。


坂本龍馬の没後150年特別展覧会は

京都国立博物館で開催されます。

開催期間やチケットのこと、

見どころについて調べてみました。


引用元:https://twitter.com
引用元:https://twitter.com

坂本龍馬の没後150年展の開催期間は?

10月15日(土)から11月27日(日)まで。

あれ、けっこう短いですね。

1ヶ月半くらい・・・

もうちょっと長くしてほしいなぁ。


あ、没後150年展は、京都国立博物館のあと、

長崎に移動するのですねぇ。

12月17日(土)から2月5日(日)まで

長崎歴史文化博物館にて。

スポンサードリンク

坂本龍馬の没後150年展の見どころは?

1.坂本龍馬の愛刀

新たに発見された刀2本が観られますよ。


◯龍馬が海援隊士に譲り

後に坂本家に返された愛刀。

「山城国西陣住埋忠明寿作」の銘がある刀。


暗殺時に敵刃を受けた刀「吉行」の銘。

最新テクノロジーが龍馬の刀だと突き止めました!

2.龍馬が新婚旅行先から姉に送った手紙

妻おりょうとの新婚旅行で

高千穂峰に登った様子を書いた手紙で

龍馬のイラスト付き!

3.龍馬の血がついた掛け軸

龍馬が暗殺された近江屋の掛け軸で

暗殺時に龍馬の血が飛び、掛け軸に残っている。


血痕って取れないなんですねぇ。

150年経っても龍馬の血がついた掛け軸が

大事に保存されていたなんて驚きです。

坂本龍馬の没後150年展のチケットは?

チケット代は一般が1,300円!

イープラスで前売り券が買えます。

200円お得です。

前売券(一般):¥1,100

前売券(大学生):¥900
 
前売券(高校生):¥600

坂本龍馬の没後150年展のまとめと感想

暗殺って、ひどい行為ですね。

意見が違うから、邪魔だと

人の命を奪って消してしまうって

究極の暴力だなっと感じました。


坂本龍馬が生きていたら、

日本のその後の歴史が変わっていた

とも言われていますからね。


「海援隊」を作ったのは坂本龍馬だったんですね。


そういえば、昔、「海援隊」という

フォークグループがありました。

リーダーの武田鉄矢さんは坂本龍馬の大ファン。

今から40年くらい前ですね。


武田鉄矢さんも67歳ですよ~。

なんだか年取ったってオバサマ感じちゃいました。

あ、話が関係ない方に飛んじゃって・・笑 

失礼しました。


坂本龍馬の冥福を祈ります。