お隣の中国で、ラブドールをレンタルするサービスが当局のお怒りに触れて?罰金対象となり、中止となりました。レンタルサービスが開始されて数日のことだそうです。

「ラブドール」を「ラブラドール」と読み違えてしまったおバカなオバサマ。紛らわしいなあ。ラブドールは等身大のお人形、大人の、主に男性のおもちゃ。ラブラドールは、大きくてぬいぐるみのようにかわいいワンちゃんのことです。悪しからず 笑。

ところで、中国では、シェアリングエコノミーが流行っているそうです。では、シェアリングエコノミー(シェア経済)とは何でしょうか。



スポンサーリンク


シェアリングエコノミーとは

簡単にいうと、個人間で、何かをシェアすること。インターネットを使って、個人同士で、モノやサービスを貸し借りすることです。

例えば、空き部屋を貸す民泊、空いている駐車場を貸す、車の相乗り(通勤など)、ブランドバッグ、ペットシッター、便利屋さん、家事サービスなど。

民泊は、泊まる場所を必要としている人に、空き部屋を活用したい人がいれば成り立ちますねぇ。



スポンサーリンク

企業がインターネットサイトを作って、そこを経由して、個人同士がつながるケースと、モノのレンタルサービスをする企業から借りるサービスとありますね。

個人同士のつながりでシェアするのは、部屋や車、ペットシッター、便利屋さん、家事サービスなど。

モノのレンタルサービスでシェアするのは、例えば、高級ブランドバッグのシェアなど。広島の会社「エス」が始めたサービス。これって、シェアリングエコノミーっていえるのかしら。単なるレンタルサービスではないのって、オバサマ思っちゃいますが・・

そういえば、日本ではペット動物のレンタルがありますよねぇ。これって動物虐待! 絶対やめて欲しいです。人間の子が、親戚の家をたらい回しにされて、トラウマになるのと同じ。

シェアリングエコノミーの利点(メリット)

なんといっても、安いことが魅力。民泊なんて、日本にはなかったサービス。空いた部屋がある家やマンションなんていっぱいあるでしょう。

グッドアイディアね。業者がやっているところに泊まるよりも、人や家庭の温もりがあっていいでしょうね。オバサマも、遊びに行くときは、民泊利用しようかなぁ・・

シェアリングエコノミーの問題点(デメリット)

知らない相手との個人取引。安全性の問題とマナーやスキルの問題が起こる可能性もあります。

例えば、民泊する人か民泊提供者のどちらかに問題がある場合。何かでトラブルになって、暴力事件に発展という可能性も。

民泊者のマナーの悪さが問題になることもあり。部屋を荒らしたり、近所にゴミをばらまいたり。

トラブルになった時に対処方法が個人だとわからないことが多いですし。

アメリカの民泊で、アジア系アメリカ人が民泊オーナーからアジア人お断りと人種差別を受けたニュースが今年の夏にありましたよね。トランプさんが大統領になったことで、強気に、いえ、本心が暴露されたのですねぇ。

実際、このオーナーさん、「外国人に、この国のことをあれこれ指図させたりしない。そのために、私たちにはトランプがいるんだ」とのたまわったのです! 出たー。影を潜めていた人種差別者たちが・・嫌ですねぇ、こんな世の中。

この事件は、仲介サイトのAirBNB(エアービーエヌビー)を通して予約したんです。

結果的には、AirBNBから指導が入って、オーナーが謝罪し、罰金5000ドル(57万円)、人種偏見をなくす教育プログラム「アジア系アメリカ人コース」を受けることになったんですよ。

こんなふうに、仲介サイトの業者がしっかりしていれば、安心ですね。

利用する時は、どういう会社が運営していて、トラブルが発生した時は、どこまで助けてくれるのか、しっかりチェックしましょう。



スポンサーリンク

ラブドールは日本でレンタルサービスされるの?

中国では罰金を課せられることになり、レンタルサービスが中止されたラブドールですが、日本ではどうなんでしょうか。日本は大丈夫ですよね~。

なにせ、ラブドールのお値段の高いこと。70万円もするのですよ。もちろん、20万円くらいからあります。だから、レンタルサービスを開始したら、利用者殺到!?なんて・・ う~ん、でも送料がかさみそう・・

人とシェアするの気持ち悪いって??? オバサマはラブドール自体が気持ち悪いよ 。すみません、ラブドールファンのみなさま。やっぱりお人形は小さくなくちゃ。等身大だったら、本物の人間の方がいいなぁ。等身大の人形って恐いよ~。

ま、男性と女性では感性が大きく違いますので、ラブドールがラブの男性諸氏も多くいらっしゃるのでしょう。

中国でラブドールレンタルサービスに罰金って、どういう理由からなんでしょうか。やっぱり風紀が乱れるという理由?そうでしょうねぇ。 福建省の「タッチ」という会社ですが、せっかく開始した新事業がダメになって、大損害ですよね~。

なんでもレンタルやシェアーの時代が押し寄せているように感じているオバサマでした。世の中の動きについて行くの大変だあ~。