スポンサードリンク


おうし座流星群のピークがもうすぐ来るというので話題になっています。

今でも毎日見られるそうですが、もっとはっきり大きく見られる日があるそうです。

流星って流れ星のこと。願い事をすると叶うっていわれてます。

おうし座流星群を見て、願いごとしてみるのも楽しいかも!

おうし座流星群とは

引用元:https://pixabay.com
引用元:https://pixabay.com

おうし座が発祥(放射点)の流星群。

南流星群と北流星群の2つがある。


毎年10月から11月に見られる。

昴(すばる)と日本で呼ばれるプレアデス星団はおうし座にある。


時間帯は?

一晩中ですが、月が沈んだ後の夜中すぎが空が暗くて見えやすいです。

流星群の数は1時間に数個。

方角(位置)は?

オススメの方角は日没後で暗くなってすぐだと東の空です。

しだいに上昇していき、23時頃には天空で見られる。

ピーク(極大)は?

2016年のピークは11月6日午後10時ごろ

月明かりの影響が無くなるのと、放射点の高度が高くなるからです。

スポンサードリンク

福岡は?

福岡という地名に影響されません。

ただネオンが明るい地域は見えにくくなります。

大阪は?

大阪でももちろん見えます。

ネオンの光がない場所で月が沈んだ後なら見えます。

時間的にだいたい22時過ぎから。


まとめと感想

おうし座流星群が見られたらステキですね。宇宙のロマン。

彼氏とデートで流星群を見る! ロマンチック!

寒いので防寒対策を十分にしてください。