音楽・ミュージシャン

BTS防弾少年団メンバー7人の人気順とカラー!プロフィールや性格!韓国語表記の名前も

 



 

K-POPアイドルの中でトップクラスの実力を持つと言われているBTS 防弾少年団。

グループ名は聞いたことがあるけれど、メンバーの名前や性格、プロフィールまではあまり知られていませんよね。

BTSのメンバーカラーは?人気順は??

ファンなら、ハングル表記や英語表記もどんな感じなのか気になりますね。

ジャニーズに比べるとまだまだ謎の多いBTSとはどんなグループなのか、詳しく調べてみました。

 

BTS防弾少年団はどんなグループ?

BTSは2013年6月13日にデビューした7人組のK-POPアイドルです。

日本では、2014年6月4日に「NO MORE DREAM -Japanese Ver.-」でデビューしました。

日本語では「防弾少年団」、韓国では「バンタンソニョンダン」という名前を略して「バンタン」と呼ばれています。

そして、英語の「Bang Tan boyS(バンタンボーイズ)」の頭文字を取ったものがBTSです。

グループ名には、「10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守り抜く」という意味があります。

デビュー前から練習生として活動していましたが、飛びぬけた才能を持つブイだけは、他の事務所に取られないように、その存在が隠されていました。

そのことがかえって彼のコンプレックスになってしまったのは皮肉ですが、今ではグループの顔として大人気です。


 

デビュー後は、1年間の間に韓国の新人音楽賞を総なめにしました。

そして、2018年には、6月と9月に発売したアルバムが2作連続でアメリカのビルボード・アルバムチャートで1位を獲得。

アメリカ市場で1年間に2回も1位を取るのはとても珍しいことで、今や「世界一のボーイズバンド」と呼ばれるスーパーグループに成長しています。

ちなみに、日本では2018年のオリコン年間売り上げランキング6位で52.7億円を売り上げています。

安室奈美恵、乃木坂46、AKB48、嵐、三代目J Soul Brothersというビッグネームと名前を並べるなんて、ファンじゃなくてもすごさがわかりますね。

安室奈美恵の引退後の生活
安室奈美恵の引退後の生活は京都で息子と?沖縄は?海外移住も安室奈美恵さんが沖縄でのコンサート(2018.9.16)を最後に引退。 25年間の芸能生活の幕を閉じました。 引退後の安室奈美恵さんの生活は京都で?沖縄は? 海外移住もあり?と話題になっています。 引退後に住む候補地について理由や可能性などまとめてみました。...

 

そんなBTSは、記録とは違う意味でも注目を浴びています。

韓国では、男性は19~29歳の間に1年半兵役につく義務があります。

それは芸能人でも例外ではなく、俳優やK-POPアイドルも芸能活動を停止して入隊しています。

2013年2月放送の『新堂本兄弟』では、歌手のKさんが兵役時代の厳しいエピソードを話し、話題になりましたね。

BTSの最年長、ジンも2020年に兵役に行くと予想されています。

ファンとしては行って欲しくないけど、行かないで叩かれるのは辛いと複雑な思いを抱えている人も多いようです。


 

そしてもうひとつ。

世間で大騒ぎになったのがBTSの反日問題です。

これは、2017年のワールドツアーの時に、メンバーのジミンが原爆Tシャツを着ていたと批判されたことから始まりました。

その後、SNSでも度々「反日だ」と炎上騒ぎになり、2018年11月には『ミュージックステーション』の出演が直前で中止になりました。

他の番組や紅白出場も白紙になり、最終的には事務所が謝罪しました。

 

このようによくも悪くも目立ってしまうBTSは、世界レベルで大きな影響力を持っていることは間違いないですね。
 



 

BTSメンバーのプロフィールや性格、エピソードは?ハングル表記の名前も!

次にメンバーそれぞれのプロフィールについてご紹介します。

ジン(JIN/진) のプロフィールと性格、エピソード


 

本名:キム・ソクジン
ハングル表記:김석진
英語表記:Kim Seokjin
ニックネーム:ソクジン、ジンニム、ピンクプリンス、イートジン、ソクジン先輩、肩幅兄さん
生年月日:1992年12月4日
出身地:韓国京畿道安養市
身長:179cm
体重:63kg
血液型:O型
担当:サブボーカル、ビジュアル、バラエティ

 

ジンはグループ最年長で、みんなのお兄さん的な存在です。

ですが、自ら「最年少のジョングクと精神年齢が一緒」と言うくらい、子供っぽいところがあります。

そのため、メンバーからよくいじられていますが、性格は超がつくほどのナルシストなんだとか。

自分でイケメンと言ってしまったり、鏡を見るのが趣味なのです。

ナルシストというと、普通はドン引きされそうですが、意外とファンはかわいいと受け入れているそうです。

 

そんなジンは、実は倍率200倍の超難関と言われている建国大学卒業の秀才なんです。

しかも、料理も得意で、手料理をメンバーに振舞ったり、『EAT JIN』という番組を持つほどの実力です。

オバサマ
オバサマ
イケメンで頭も良くて料理もできるとか、完璧ですね。

ですが、実はダンスが苦手という欠点があります。

歌はうまいのにダンスがダメという、不思議なアンバランスさは、ジンならではの魅力かもしれませんね。

 



 

シュガ(SUGA/슈가)のプロフィールと性格、エピソード

本名:ミン・ユンギ
ハングル表記:민윤기
英語表記:Min Yoongi
ニックネーム:ユンギ、ミンシュガ、お父さん
生年月日:1993年3月9日
出身地:韓国大邱広域市
身長:174cm
体重:59kg
血液型:O型
担当:リードラッパー、作詞作曲

 


 
シュガの芸名の由来は「白い肌」と「甘い笑顔」です。

もともとは砂糖という意味の「SUGAR」でしたが、ヒップホップのイメージに合わないから「SUGA」に変えたんだとか。

SUGAには「中毒になる」「成功する」という意味もあるので、改名して正解でしたね。

 

シュガは見た目の甘さとは真逆の男らしい性格で、メンバーの決断役を引き受けています。

13歳から作詞作曲を勉強していたこともあり、音楽に対する情熱はメンバーいちです。

その上、負けず嫌いでプライドが高く、プロデューサー的な立場でメンバーをサポートしています。

シュガもグループのお兄ちゃん的な存在ですが、優しく見守るタイプのジンとは違って、スパルタ教育しているイメージですね。

 

常にクールな雰囲気で、テンションも低めなシュガですが、ステージでは別人のようにエネルギッシュになるんだとか。

普段は面倒くさがり屋で無駄な動きを一切しないのは、パフォーマンス用の体力を温存しているからと言われています。

オバサマ
オバサマ
意外と合理主義者なんですね

 

性格的にはギャップしかないと思われがちですが、慌てると方言が出てしまったり、くまモンが大好きというかわいい一面もあります。

 

ですが、彼の一番の特徴は、デビュー当時ボーカルを思われていたほどの存在感だと思います。

デビュー当時、一番目立っていたからボーカルだと思われていたけど、実はラッパーだったという事実を知って驚いた人が多かったのです。

ジェイホープ(J-HOPE/제이홉)のプロフィールと性格、エピソード

本名:チョン・ホソク
ハングル表記:정호석
英語表記:Jeong Hoseok
ニックネーム:ホビ、ホプ、ホソク、希望
生年月日:1994年2月18日
出身地:韓国光州広域市
身長:177cm
体重:65kg
血液型:A型
担当:リードラッパー、メインダンサー、希望、作詞作曲、振付

 

ジェイホープの芸名の由来は「みんなの希望になりたいから」なんだそう。

明るくて愛嬌があり、みんなのムードメーカーになっている彼にはぴったりな名前ですね。

今は笑顔が特徴というくらい社交的なジェイホープですが、デビュー当時は重くて暗い雰囲気だったそうです。

ミステリアスで怖いというイメージを一新するため、2014年に「かわいい好青年」にキャラ変したんだとか。

アイドルとしては、このイメチェンは大正解でしたね。

 

普段はちょっとやんちゃなイメージのあるシュガは、実はメンバーいちダンスが上手いんです。

その実力は振付師が認めるほどで、みんなが5時間かかる振付をわずか30分で覚えられるそうです。

このスキルを生かして、グループでは振付も担当しています。

ダンスパフォーマンスの分野では、ジェイホープは精神面でも技術面でもみんなを支える柱のような存在です。

その上、みんなが面倒くさがることを進んでやる面倒見のよさもあり、メンバーから「お母さんぽい」とも言われています。

 

そんなしっかり者のイメージが強いジェイホープですが、実は臆病という意外な一面も持っています。

絶叫マシーンや虫やおばけが苦手とか、かなり女子っぽいですね(笑)

普段ガシガシ踊っている姿からは全く想像できません。

こういうギャップがファンにはたまらないんでしょうね。

 



 

アールエム(RM/래퍼)のプロフィールと性格、エピソード

本名:キム・ナムジュン
ハングル表記:김남준
英語表記:Kim Namjoon
ニックネーム:ラップモンスター、ナムジュン、ラプモン、レプモン、破壊王
生年月日:1994年9月12日
出身地:韓国京畿道高陽市
身長:181cm
体重:70kg
血液型:A型
担当:リーダー、メインラッパー

 


 

アールエムはグループのリーダーで、「BTSの頭脳」と呼ばれています。

というのも、学生時代のIQが148という秀才だったんです。

日本の東大生の平均がIQ120なので、いかにすごいかがわかりますよね。

 

さらに、作文や論文の賞を50個以上取ったり、TOEIC900点超え、韓国語・日本語・英語を話せるという実績つき。

特に英語は留学経験がなく、BTSに入ってから学んだのに、通訳なしで対応できるレベルにまで達しています。

その努力も素晴らしいですが、もともと地頭がいいんでしょうね。

頼りがいがあって、几帳面でしっかり者という性格なのも納得です。

 

ですが、そんな完璧なアールエムにも意外な一面があるんです。

私生活ではそそっかしいところがあり、すぐに財布やパスポートを無くしてしまうんだとか。

 

さらに謎なのが、触ったものを次々壊してしまうという、かなり癖のあるエピソードです。

冷蔵庫の扉やトイレの取っ手など、頑丈そうなものまで壊れるので、メンバーから「破壊王」と呼ばれているそう。

オバサマ
オバサマ
「世界平和のために料理と運転だけはするな」とまで言われてしまうアイドルって・・・(苦笑)
オジサマ
オジサマ
普段どうやって生活しているのか、心配になってしまうなぁ。

 

そしてもうひとつ、強烈なエピソードがあるんです。

ラップでは才能を発揮しているアールエムですが、ダンスが個性的すぎて、ファンから「二足歩行ロボット」と呼ばれています。

本人が動きをコントロールできなくて、笑いが起こりそうなレベルなんだとか。

 

それでもセンターを務めるあたり、かなり責任感が強いんですね。

ですが、2016年頃からかなり上達しているそうなので、相当な努力家でもあると思います。

総合すると、BTSのギャップ王は間違いなくアールエムで決まりですね!

 



 

ジミン(JIMIN/지민) のプロフィールと性格、エピソード

本名:パク・ジミン
ハングル表記:박지민
英語表記:Park Jimin
ニックネーム:パクジミニ、チムチム、ジミナ、餅
生年月日:1995年10月13日
出身地:韓国釜山広域市
身長:175cm
体重:61kg
血液型:A型
担当:リードボーカル、リードダンサー、魅力

 

ジミンは、「BTSの魅力担当」と呼ばれるほど目力が強く、彼のダンスがBTSブレイクのきっかけを作ったと言われています。

ですが、そのダンススキルは天性のものではなかったそうです。

というのも、ジミンは学生時代は現代舞踊を学んでいて、当時はトップクラスの実力でしたが、アイドルとしては全く認められなかったのです。

 

練習生時代には「ダンスが下手すぎる」という理由で6回ほどクビになりかけたこともあったそう。

ジャンルの違いに苦しんだジミンですが、他のメンバーの何倍も努力し、今の地位を手に入れました。

相当な努力家なんですね。

 

ですが、本質的には人見知りで小心者で、優しい性格なんだとか。

特に周りに対する気遣いは有名で、ブイが祖母を亡くして落ち込んだ時は優しく抱きしめたり、メンバーの誕生日には自らケーキをデコレーションするというエピソードもあります。

ストイックと優しさは真逆のような気もしますが、努力や悩みを表に出さないところはプロとしての優しさなのかなとも思います。
 


 

そんな優しさあふれるジミンの顔を見ていると、なぜか俳優の東出昌大くんを思い出してしまいます。

これは自分だけではないようで、ネット上では「似てる!」という声をよく見かけます。

2018年放送のドラマ『コンフィデンスマンJP』では東出くん演じるボクちゃんが、「防弾少年団に入れなかった練習生のパク・ジロウ」という役柄を演じていましたね。

 

名前といい、派手な髪色といい、これは世間のうわさに完全に乗っかった形だと思われます。

優しさしかないという性格も似ていますね。

こんなパロディまで生んでしまうジミンは、間違いなくBTSの魅力担当と言えますね。

 



 

ブイ(V/뷔)のプロフィールと性格、エピソード

本名:キム・テヒョン
ハングル表記:김태형
英語表記:Kim Taehyung
ニックネーム:テテ、テヒョン、テヒョナ、四次元、CGV
生年月日:1995年12月30日
出身地:韓国大邱広域市
身長:178cm
体重:58kg
血液型:AB型
担当:サブボーカル、リードダンサー、ビジュアル

 


 
ブイはピースサインが芸名の由来ですが、ファンからはブイではなく、テテと呼ばれています。

ですが、普段は「テテ」で、パフォーマンスの時には「ブイ」と使い分けている人が多いんだとか。

それだけ、普段とステージ上ではギャップがあるということですね。

 

そんなブイは、BTSのビジュアル担当で、2017年には「世界で最もハンサムな顔100」で1位に選ばれています。

ファンから「顔面がCGっぽい」と言われてしまうほど、人間離れした美しさを持っています。

カメラマンがどの角度から撮影しても大丈夫というくらいですから、相当整っているんですね。

 

そのビジュアルイメージを裏切らない完璧主義者で、MVを自らプロデュースするなど、仕事に対する情熱がすさまじいです。

そして、ボクシング、柔道、テコンドー、剣道、格闘技などスポーツ万能なところもイケメン要素ですね。

その上、社交的なので友達も多いし、私服がおしゃれなファッションリーダーでもあります。

 

ですが、その実態は、意外なことにかなりの「不思議ちゃん」なんだそう。

「僕がお母さんから生まれる前はお父さんの中にいた」

「小学校の給食の時間に牛乳配達のアルバイトをした」

など、天然発言を連発しています。

言動が常に予想の斜め上のため、ファンからは「四次元」と呼ばれています。

オバサマ
オバサマ
ジャニーズにも天然キャラはわりといますが、韓国でもこういうキャラは人気があるのですね 笑

 

他にもお酒が苦手でいつもコーラを飲んでいるとか、日本でヒットしたPPAPや恋ダンスを披露したという可愛いエピソードもあります。

一番年下ではないですが、ブイはメンバーの中で一番子供っぽいと言われています。

寂しがり屋で甘えん坊という性格がそう思わせるのかもしれません。

オバサマ
オバサマ
黙っていればイケメンなのに、しゃべるとかわいいというギャップ、いいですね☆
いかにもアイドルという感じがします!

ジョングク(JUNG KOOK/정국)のプロフィールと性格、エピソード

本名:チョン・ジョングク
ハングル表記:전정국
英語表記:Jeon Jungkook
ニックネーム:ジョングク、グク、ウサギ、黄金マンネ
生年月日:1997年9月1日
出身地:韓国釜山広域市
身長:178cm
体重:70kg
血液型:A型
担当:メインボーカル、リードダンサー、ラップ

 

ジョングクはグループ最年少で甘えん坊な性格のため、みんなにかわいがられています。

特にジミンに溺愛されていて、おそろいの服を着たり、一緒に旅行に行ったりと交際疑惑が出るほどです。

リアルでもお兄さんがいるようなので、根っからの末っ子体質なんでしょうね。

 

ですが、歌・ダンス・パフォーマンス全てのレベルが高く、「黄金マンネ」とも呼ばれています。

マンネは韓国語で「末っ子」という意味で、「黄金」は全てが万能という意味を持っています。

 

ジョングクがこう呼ばれるのには、プライドが高く、情熱的という性格が大きく関係しています。

練習生時代の彼は、人見知りが激しく、歌やダンスの素質がないとプロデューサーが嘆くほどだったそうです。

ですが、「ダンスに何も感じない」と言われたのがよっぽど悔しかったのか、ダンスを学ぶためにアメリカに渡りました。

デビュー後も、芸能活動と高校生活を両立しながら忙しい日々を送っていました。

それでも「辛いことは何もない」と笑って話せるところに、彼の強さを感じますね。

 

ジョングクのストイックさはビジュアル面でも発揮されています。

彼は化粧品を沢山持っていて、人一倍肌や体型維持に気を遣っているそうです。

太っていると感じたら、一日何も食べなくなることもあるんだとか。

さらに匂いにも敏感で、必ず香水を使うけれど、せっけんの優しい香りが好きなんだそうです。

世の女性達より、女子力高そうですね 笑。

 



 

こういう姿を見ていると忍耐力がありそうですが、意外と三日坊主で、「情熱が長持ちしない」とメンバーから言われているくらいです。

本人は短期集中型と言っていますが、それが身についているところがすごいですね。

 

ジョングクはパフォーマンス以外にも才能があり、趣味の絵は今ではライブグッズのデザインを手掛けるほどの実力です。

これだけ色んなものを持っているジョングクは、間違いなく「黄金マンネ」ですね。

みんなに愛される理由がよくわかりました。

 

BTSメンバーカラーは?公式は?マイクの色は?

ジャニーズではおなじみのメンバーカラーですが、BTSにもあるようですね。

ですが、これはファンがメンバーをイメージして決めたもので、公式カラーはありません

その理由はふたつあります。

ひとつは、「メンバーのイメージを固定させないため」です。

確かに、色をつけられると先入観ができてしまうし、ジャニーズでもカラー変更するとわかりにくい!という声もありますね。

そして、もうひとつは、「国によって宗教観の違いが色に現れるから」です。

例えば、赤は中国では「幸運」、インドでは「純潔」という意味ですが、南アフリカでは「喪」、ケルト民族は「死」という意味で使います。

 

このように、国によっては真逆のイメージを持つ色もあるんですね。

色の意味にまで配慮するなんて、世界的な活躍を視野に入れているBTSならではの発想ですね。

 

ファンが決めたそれぞれのカラーは以下の通りです。

ジン:ピンク
シュガ:オレンジ
ジェイホープ:緑
アールエム:黄色
ジミン:水色
ブイ:青
ジョングク:赤

これ以外に、メンバー自らが選んだマイクカラーもあります。

ジン:ピンク
シュガ:黒
ジェイホープ:シルバー
アールエム:青
ジミン:ゴールド
ブイ:緑
ジョングク:紫

オバサマ
オバサマ
ジンのピンクだけはどちらも同じなんですね。
さすがに「ピンクプリンス」と呼ばれているだけのことはあります 笑。
オジサマ
オジサマ
ここまでファンの意見が反映されるのは、日本のアーティストとの大きな違いだなあ。

 



 

BTSメンバー年齢順は?

次に、メンバーを年齢順に並べてみました。

このデータは、2019年12月1日時点の日本での年齢です。

ジン:26歳(1992年12月4日生まれ)
シュガ:26歳(1993年3月9日生まれ)
ジェイホープ:25歳(1994年2月18日生まれ)
アールエム:25歳(1994年9月12日生まれ)
ジミン:24歳(1995年10月13日生まれ)
ブイ:23歳(1995年12月30日生まれ)
ジョングク:22歳(1997年9月1日生まれ)

 

韓国では日本とは年齢の数え方が違うそうです。
というのも、韓国では生まれた時から1歳と数えて、1月1日に全員がひとつ歳を取るからです。

日本で言う数え年ですが、誕生日が来るまでは、日本の満年齢よりふたつ上になります。

なので、韓国年齢では以下のようになります。

ジン:28歳

シュガ:27歳

ジェイホープ:26歳

アールエム:26歳

ジミン:25歳

ブイ:25歳

ジョングク:23歳

 

ちなみに、日本では4月1日~3月31日生まれが同学年ですが、韓国では1月1日~12月31日生まれが同学年になります。

なので、日本ではジンとシュガはタメですが、韓国ではシュガが1個下ということになります。

日本人の感覚でいくと少し違和感がありますが、これが文化の違いなんですね。

 

BTSメンバー身長順は?

次にメンバーを身長順に並べてみました。

このデータは2019年に韓国メディアが発表した情報を参考にしています。

1位:アールエム 181cm
2位:ジン 179cm
3位:ブイ 178cm
3位:ジョングク 178cm
5位:ジェイホープ 177cm
6位:シュガ 174cm
7位:ジミン 173.6cm

平均身長は178cmです。

K-POPアイドルは、ジャニーズに比べてかなり高身長ですね。

 



 

BTSメンバーの日本での人気順は?

メンバーの人気順についても調べてみました。

国によって好みが違うといううわさは本当なのか、順番に見ていきたいと思います。

まず、日本での人気順です。

データは、2019年3月時点のGoogle人気検索キーワードの数値を参考にしています。

1位:ジョングク
2位:ブイ
3位:ジミン
4位:シュガ
5位:ジン
6位:ジェイホープ
7位:アールエム

オバサマ
オバサマ
日本では、やはり、可愛くてアイドルっぽいビジュアルのメンバーが人気があるようですね。

アイドルに可愛さを求めるのは、ジャニーズの影響が大きいかもしれませんね。

ちなみに、11月時点ではブイがジョングクを抜いて1位になっています。

人気は日々変動しているということですね。

 

BTSメンバーの韓国での人気順は?


 

韓国では、韓国企業評判研究所が発表している「アイドルブランド力ランキング」という公式データがあるようですね。

2019年2月時点のランキングがこちらです。
1位:ジミン
2位:ジョングク
3位:ブイ
4位:ジン
5位:シュガ
6位:ジェイホープ
7位:アールエム

韓国ではジミンが一番注目されているんですね。

ファンの意見が入ると、また違った結果が出るかもしれませんね。

 

BTSメンバーの海外での人気順は?

海外編は、アメリカでの人気ランキングを調べてみました。

こちらは2019年3月時点のGoogle検索ランキングを参考にしています。
1位:ジョングク
2位:ジミン
3位:シュガ
4位:ブイ
5位:ジェイホープ
6位:アールエム
7位:ジン

アメリカでも、やはりジョングク人気がすごいですね。

ハンサムな顔1位のブイが、意外と順位が低いのが特徴的ですね。

やはり、彼の天然な性格は、海外では理解されにくいのかもしれませんね。

ちなみに、11月時点ではアールエム、ジン、ジェイホープという順に変わっています。

国によって個性が出るといううわさは本当でしたね。
 



 

error: Content is protected !!