俳優・女優

橋本愛の高校は地元熊本?中学は藤園?ハーフ説と家族構成も

 



 

橋本愛さんの学校や、ハーフ説、家族についてまとめてみました。

2013年の朝ドラ・「あまちゃん」でヒロインの親友・ユイちゃん役でブレイクしました。

その後は、テレビよりも映画出演が多かった橋本愛さんです。

橋本愛さんの高校や中学はどこか、ハーフなのか等、、みていきましょう。

 

橋本愛の高校は地元熊本だった?


 

橋本愛さんの高校は、熊本ではなく、東京の日出高校(現目黒日大高校)芸能コース(偏差値43)です。

高校までは地元の熊本にいたいと思っていたのですが、すでに仕事を始めていて忙しくなっていました。

そのため、東京に出て、芸能活動のしやすい芸能コースのある高校に入学しました。

 

高校生の時には、もう、自分のフィールドは女優の世界になっていたと言っている橋本愛さん。

高校生の頃のキラキラした思い出はあまりないとか。


 

高校は、制服は買わなかったと言っていますので、自由だったのですね。

でも、今は後悔していて、ブレザーで東京の街を歩いてみたかったと言っています。

ちなみに現在の目黒日大高校は、制服が必須になっています。

 

1人でいてもみんなが話しかけてくれるので、友達がいないと思うことはありませんでした。

同級生は、平和主義な人が多かったということです。

 

仕事が中心になってきていたので、部活はやっていませんでした。

 

元アイドリング!!!の伊藤祐奈さんが同級生で、仲が良かったそうです。

2015年、伊藤祐奈さんは20歳でアイドリング!!!を卒業し、イベントプロデュースなどの会社を設立、起業家に転身しています。

 



 

橋本愛は中学は藤園中学校?中学時代の画像は?


 

橋本愛さんの中学校は、熊本市立藤園中学校(とうえんちゅうがっこう)です。

藤園中学校は、熊本市の中心部、熊本城の近くにあります。

 

過去にはいじめ問題があったということです。

現在はみんな仲良くて、トラブルも少なく、落ち着いて学習に取り組める環境だということで、評判もいいです。

→ 橋本愛さんの中学時代の画像
 

橋本愛さん、中学生の頃は、芸能界に入りたいなんて、全く思っていませんでした。

成績はいい方だったということで、いい大学に行って、給料のいい会社に入ることを考えていて、熊本を出るつもりはありませんでした。

テレビは見なかったし、映画も、ジブリとコナンしか観ていなかったといいます。

今、女優になっているのが信じられないと言っています。


 

橋本愛さんは、こだわりがなかったから、中学の制服を、買った時のまま着ていたので、スカート丈が1番長かったのです。

ところが、背が伸びてスカート丈が短くなってしまい先生に怒られたとか。

 

おもしろいですね。

成長で短くなって怒られたって、先生だってそれはわかるはずですよね。

他の子たちは自分でスカート丈を短くしていて、橋本愛さんは身長が伸びるとともにスカートが短くなっていく。

怒られたのは、「身長に合わせて、ちゃんとスカート丈なおしなさい」ってことでしょう。

 

橋本愛さんは、中学校に日傘をさして登校したというエピソードがあります。

日傘を持ってる中学生なんてまずいませんからね。

さすが女優さん、日焼けをしないように気をつけていたのでしょう。

 



 

橋本愛のハーフ説と家族構成は?母がスペイン人はガセ?画像は?

橋本愛さんにはハーフ説があります。

ほりの深い顔ですし、小さい頃は特に濃い顔です。

母親がスペイン人で、父親が日本人という話があります。

しかし、本人が公表したわけではないし、はっきりと根拠となるようなもの、納得できる話はありません。

 

 

また、スペイン国籍だと書いているものもあって、それも、不思議です。

スペイン国籍だとすれば、スペイン人としての名前もあるでしょう。

しかし、調べてもスペイン人の名前は出てきません。

 

 

ハーフだということは、本人は話していませんが、秘密にする必要もないと思うのですが。

3姉妹の中で1番顔が濃いから、母親が橋本愛さんをオーディションに参加させたという話を聞くと、日本人なのではと思ってしまいます。

 

 

個人的な意見ですが、もしも、スペインとのハーフなら、顔が濃いのは当たり前だから、そんなことは言わない気がします。

橋本愛さんのようにほりの深い子っていると思うんです。

例えば、生田斗真くんは、よくハーフと言われますが、両親が北海道出身の日本人なので、本人も純粋な日本人です。

また、九州顔というのがあって、眉が太く濃く、目も二重でパッチリしている人が多いですし。


 

思い返せば、学生時代の友人にも九州顔で、ハーフに見える人がいました。

 

橋本愛さんの母親の写真があればですが、今のところ、橋本愛さんがハーフというのは信憑性が低いと思います。

 



 

家族構成は、両親と姉妹のようです。

兄弟は、3姉妹だけど、5人兄弟で男兄弟が2人いるとする記事があります。

姉と妹の写真は、子供の頃からあるのですが、男兄弟の写真はないので、男兄弟が2人というのは、本当でしょうか?

母がスペイン人という話と言い、5人兄弟という話からも、俳優の城田優さんとごちゃ混ぜになっている可能性もありますね。


 

高良健吾はご近所だった?実家同士が知り合い?


 

橋本愛さんと高良健吾くんの実家は、熊本市のご近所さんで、徒歩5分ぐらいの距離だということです。

実家同士も知り合いです。

 

2013年NHKドラマ「ハードナッツ~数学girlの恋する事件簿」と、2016年映画「うつくしいひと」で共演しました。

橋本愛さんと高良健くんは、2回も共演していることから、熱愛をうわさされたこともありました。

しかし、橋本愛さんは、「お兄ちゃんのような存在」と言っていました。


 

高良健吾くんは、1987年11月12日生まれで、橋本愛さんとは、8歳ちょっとの年齢差がありますから、ホント、お兄ちゃん的存在でしょうね。

そんな近所のお兄さんだったら、恋愛対象にはなかなかならないでしょう。

ちなみに、映画「うつくしいひと」は、熊本を舞台に撮った映画です。

2016年の熊本地震のチャリティ映画として、監督は熊本出身の行定勲監督、熊本関係者が多く出演しています。

 

橋本愛のプロフィール


 

名前:橋本愛
生年月日:1996年1月12日
年齢:23歳(2019年10月現在)
出身地:熊本県熊本市
身長:165㎝
血液型:O型
所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

 



 

芸能界入りやデビューのきっかけは?

2008年、小学校6年生のときに母親が、橋本愛さんが現在所属している事務所のオーディションに応募したことがきっかけです。

そのオーディションとは、ソニーミュージックアーティスツ主催の「HUAHUAオーディション」です。

 

橋本愛さんは、3姉妹の二女です。

母親が、橋本愛さんを選んだのは、1番顔が濃いという理由でした。

グランプリを受賞し、芸能界デビューとなったのです。

 

芸能界にほとんど興味のなかった橋本愛さんは、どうして自分がグランプリなのかわからず、だまされたのかと思ったと言っています。

同じ年、ホリプロスカウトキャラバンにも挑戦しましたが、最終選考に残ったものの、受賞はできませんでした。

モデルとしてのデビューや経歴は?

2009年にはミスセブンティーンの最年少グランプリに選ばれて、専属モデルになりました。

工藤えみさん、高田有紗さん、広瀬アリスさんと一緒でした。

さっそく初ウォーキングを披露し、「緊張が気持ちを盛り上げてくれた」と、素敵な感想を言っていました。

2014年5月にセブンティーン専属モデルを卒業しています。

女優デビューと経歴?


 

2009年、映画「Give and Go」で映画初出演初主演を務めました。

難聴でもバスケットボールをがんばっている少女を演じ、この映画は、さぬき映画祭でグランプリを受賞しました。

 

映画

「告白」2010年6月公開

湊かなえさん原作、松たか子さん主演、2010年の興行成績7位、日本アカデミー賞では4冠を達成しました。

娘を殺された中学教師が真相を暴いていくミステリー作品です。

 

いじめや少年犯罪、家庭内暴力などの過激な描写が多く、R15+指定となりました。

自分が出演した映画を見ることのできない出演者もいました。

 



 

橋本愛さんは学級委員長の北原美月役を熱演しています。

橋本愛さんにとって、女優としての始まりの作品だったと言っています。

 

「貞子3D」2012年5月公開


 

リングシリーズから離れて、映画オリジナルの、ホラー作品。

橋本愛さんは、貞子役を務めています。

怖い映画の怖い役、どんな気持ちなのでしょう。

 

「another アナザー」2012年8月公開

ホラー・ミステリー・サスペンスの融合された映画

ヒロイン 見崎鳴を演じています。

左目が義眼で不思議な雰囲気で、クラスではいないものとされています。

 

「桐島、 部活やめるってよ」2012年8月公開


 

数々の映画賞を受賞していますが、公開当時はヒットしませんでした。

男子バレーボール部のキャプテンの桐島くんが部活をやめることでおこる、同級生の日常の変化による、登場人物たちの心理を描いています。

橋本愛さんは、バドミントン部員の役です。

 

橋本愛さんは、この映画が好きで、女優の仕事が好きになれたとも言っています。

大きな事件があるわけでないけれど、誰もが理解できる、青春の悩みや不安が描かれています。

 

「桐島、部活やめるってよ」以前は、女優の仕事は好きではなかったと言っています。

いつ辞めてもいいと思っていたと。

それが、「桐島、部活やめるってよ」で、プロフェッショナルな人たちと仕事をして、自分もちゃんと女優として仕事がしたいと、自分の居場所をよくしていきたいと思うようになりました。

 

「寄生獣」2014年11月公開


 

主人公の右手の寄生生物が寄生し、共存しています。

橋本愛さんはヒロインで、人間の愛情や感情を持ち続けています。

 



 

ドラマ

「あまちゃん」2013年4月~9月・NHK朝ドラ

主人公は、母の故郷・北三陸市に移住したアキが、アイドル目指し、東京に出ていきます。

橋本愛さんは、アキの親友ユイで、一緒にアイドルを目指します美少女ですが、家庭の事情や震災を経て、ローカルアイドルになります。

 

あまちゃんは大ヒットし、番組内で歌った曲も人気になりました。

橋本愛さんもユイちゃんと、多くの人に声をかけられたことでしょう。

 

「西郷どん」2018年NHK・大河ドラマ

鈴木亮平主演で、西郷隆盛の生涯を描きました。

橋本愛さんは、西郷隆盛の最初の妻の役でした。

すぐに離縁してしまったので、7話・8話の2回のみの出演でした。

 

「いだてん~東京オリンピック噺~」2019年NHK・大河ドラマ

 

 

日本が初めてオリンピックに参加した1912年から、東京オリンピックが行われた1964年までの話です。

橋本愛さんは遊女から、結婚して居酒屋を営み、肝っ玉母さんになるという難しい役を好演しています。

性格は?インタビューの態度が最悪で仕事干されていた?

橋本愛さんは、「あまちゃん」の終わりごろから、インタビューや取材に対しての態度が悪いと言われるようになりました。

他人に努力しているところを見せたくなくて、反抗的な態度をとってしまうとか。

全然練習してないって言って、しっかりできるようになっていたいタイプなんですね。

つい、悪い子ぶってしまう人っていますね。

いい子ぶりたくはないのでしょう。

 

テレビドラマに出ることがなく、干されているように見えてしまったかもしれませんが、映画にはたくさん出ています

ドラマで、長い間同じ人たちと顔を合わせたり、番宣でバラエティーに出たりすることが苦手で、ドラマ出演を断っていたようです。

だんだん大人になって、可能性を広げてみたくなり、2019年秋ドラマ・日本テレビ「同期のサクラ」の出演を決めたようです。

活躍が楽しみです。

 

橋本愛のまとめ

橋本愛さんの高校は熊本ではなく、東京の日出高校(現目黒日大高校)です。

中学校は熊本城の近くにある熊本市立藤園中学校です。

スペインとのハーフ説がありますが、根拠がなく信憑性は低いとお思われます。

家族構成は両親と姉と妹です。男兄弟が2人いるとも言われていますが、根拠がはっきりしません。

 



 

error: Content is protected !!