俳優・女優

石田ゆり子の自宅の場所や一軒家の外観は?間取りやインテリアも


 


 

石田ゆり子さんの自宅が話題になっています。

石田ゆり子さんは2019年10月3日で50歳です。これには驚きです。全然見えませんから。

19歳の1988年11月ドラマ「海の群星」で女優デビューしました。

2016年の「逃げるは恥だが役に立つ」で人気となり、


 

2018年1月に発売したフォト&エッセイ集は、オリコン年間本ランキング写真集部門3位となりました。

犬1匹、猫4匹と暮らす、石田ゆり子さんの自宅の場所はどこなのか、

一軒家の外観や間取り、インタリアや建築家についてご紹介します。

 

石田ゆり子の自宅の場所はどこ?目黒区か世田谷区?


 

石田ゆり子さんの自宅の場所はどこなのでしょう?

目黒区か世田谷区かと言われていましたが、文京区が有力だということです。

東京の真ん中なので交通の便もよく、住宅地が多く静かで緑も多く、犬の散歩にもいいからです。

土地を購入したのは2016年の2月です。

それからどんな家にするか相談していき、新しい家で生活を始めたのは2017年の7月頃でした。

 

以前、石田ゆり子さんは、20年間ほど白金の高級マンションに住んでいました。

→ 石田ゆり子さんの白金マンションの間取り

この間取り図の、5LDKという文字を見て、

石田ゆり子さんのマンションが5LDKだと書いている記事もありましたが、違います。

この5LDKは、テレビの番組名なのです。

 

2008年から2012年までフジテレビで放送していた、TOKIOの番組「5LDK」のことです。

番組では、ゲストが自宅の間取り図を描くコーナーがあり、

そのためのフリップなので5LDKと番組名が入っていたのです。

 



 

でも、石田ゆり子さんのマンションが広かったのは確かです。

100㎡を以上あるので、3LDKぐらいでしょうか。リビングダイニングが広いので2LDKかもしれませんね。

広いベランダまでついていました。

そのマンションを売却して、一軒家を新築しました。

 

石田ゆり子の自宅は一軒家で間取りや外観は?画像は?


 

石田ゆり子さんの自宅は、マンションではなく一軒家です。

ただ、自宅の、間取りや、外観は公開されていませんので画像はありません。

外観で場所が特定されてしまうこともある時代ですから、安全を考えて、公開はしないのでしょう。

インスタグラムでは、自宅のお気に入りのインテリア等は公開しています。

 

自宅の土地は130㎡以上あり、価格は1億円以上するそうです。

建物は、地上3階建ての一軒家です。

土地と建物をあわせたら、3億円の豪邸と言われています。 

 

その豪邸で、愛しいペットの動物たちと暮らしています。

なんと子猫部屋があるのです。ということは全部で何部屋あるのでしょうか。

と言っても今では大人の猫になっていますが。

 

同居の動物たちは、犬1匹と猫4匹です。

犬は、ゴールデンレトリバーの「雪」。

猫は、 双子の「ハニオ」と「たび」、 はちみつ兄弟と呼ばれる「はっち」と「みっつ」です。

 



 

石田ゆり子の自宅のインテリアや家具は?画像は?


 

石田ゆり子さんは、お気に入りのインテリアや家具を、インスタグラムで紹介しています。

家に置くものを恋するように選んできたと言っています。

本当に好きなものだけを置いているんですね。

自分が好きなものだけが置いてある家って気持ちいいですよね。

うらやましいです。

こんな風に家の中のものを選んでみたいものですね。

 

お手伝いさんを雇っている様子もなく、すっぴんでゴミ出しもしているということです。

※ゴミ出しするのにわざわざメイクするというのもなんだかねぇ 笑

3階建ての大きな家を1人で掃除しているんですね、尊敬します。

 

では、どんな家具や置き物なんどのインテリアなのか具体的にみていきましょう。

田中健太郎の絵画と時計


 

石田ゆり子さんは、アーティストの田中健太郎さんの作品が好きでいくつか持っています。

田中健太郎さんは、イラストレーター、空間演出、壁画、塗り絵など、いろいろな活動をしています。

お気に入りは、最近購入した絵画と、時計です。

時計は、時計としてみるというより、芸術作品ですね。

 

 

ダブルベッド

石田ゆり子さんの自宅ベッドがダブルサイズだと、ファンの間でちょっとした騒ぎになりました。

はっちとみっつが子猫プロレスしているのが、石田ゆり子さんのダブルベッドで、

誰とねるの?って話になりましたが、もちろん、ペット達です 笑。

 



 

木製ソファー

 

 

日々の暮らしというものは、ソファでうとうとしていたら
真夜中になってしまったり、犬や猫の重みに耐えながら
ぐうぐう寝てしまうことのくりかえし。

私って本当にいつまで経ってもかわらない。
きっと一生ソファでぐうぐう寝るタイプ。

雪ちゃんが気持ちよさそうにソファで寝ている写真が投稿されています。

石田ゆり子さんも、ついこのソファで寝てしまうのですね。

ダブルベッドは猫専用になっているのでしょうか 笑。

 

ソファって気持ちいいですね。

木の部分の多い、気持ちよさそうなソファです。

オカベマキコの照明器具

 

 

雪のこの嬉しそうな顔をご覧ください。

オカベマキコさんのつくる「しゃぼんラン
やっとやっと我が家にやってきました!

ひとつひとつ手吹きされたガラス玉を繊細に組み合わせた灯りです。

「灯具は空間の装身具」とオカベマキコさんがおっしゃるように
灯りをりともさなくても吊るしてあるさまもすてきで
灯りがついているときとついていないとき、どちらもうっとり。

雪はボールがたくさんついてるので大喜び

シャボン玉のような照明器具ですね。

これが、恋するように選んだものですね。

雪ちゃんの目がかわいいです。

 

ガラス玉から手吹きで作っているなんて、凄すぎます!

オカベマキコさんは、岡山に工房を構えている、照明、オブジェ、アクセサリーなどを作っている方です。

オルドネフォイユで見つけた花瓶

 

 

小さな球根のお花たちと
安定感のあるなんともかわいい花瓶、
素朴な木製の足つきの台。

オルネドフォイユでみつけたものたち。
あまりにかわいいので連れて帰ってきました。

春です。

またまたかわいい花瓶です。

「連れて帰る」っていう表現がまたかわいいですね。

 

オルドネフォイユは、フランスやヨーロッパのインテリア雑貨を扱うお店です。

店舗は品川区西五反田にあり、東急目黒線の不動前が最寄り駅です。

 

ベリーメリーエブリディの日めくりカレンダー

 

 

ベリーメリーエブリデイ。
毎日めくっては、右側に積んでいく。

右が過ぎた日々。
左がこれからの日々。

こんなに可愛い日めくりカレンダーを作ってくださりありがとうございます。

外国のカレンダーかと思ったら、2019年はニューヨークで撮影していた日本製でした。

 

女性3人で作っています。

フォトグラファーの大段まちこさん、スタイリストの岡尾美代子さん、デザイナーの岡村佳織さんです。

 



 

「世界中の記念日や誕生日を365点のユニークな雑貨で紹介」している、本当にユニークなカレンダーです。

毎日の小さな記念日を大切にし、お祝いしようというコンセプトで作られています。

 

石田ゆり子さんが毎日を大切に生きていらっしゃることがわかりますね。ちょっと感動しました。

過ぎたら隣に積んでいく日めくりカレンダー。一日一日がいとおしくなりそうなカレンダーです。

猫のご飯入れが木の幹をくり抜いたもの

 

ごはんはかおをぜんぶごはん入れにつっこんで一気にたべます。
かおはいちどもあげません。
あげたらみっちゃんに取られるからです。
ごはん入れのてーぶるは、ひとりずつにあります。
これはぼくだけのてーぶるです。
#はっちな日々

猫ちゃんたちのご飯入れもいいですね。

この高さで顔をつっこんで食べるなら、たしかに他の猫に取られませんね。

猫も収納できる食器棚

 

子猫部屋を開けたらピキピキーズ(はちみつ兄弟の別名)が、ピンポン球のように転がり出てきた。
もう階段も上り下りできるし引き出しや冷蔵庫、洗濯機の中などに入りたがるので全く目が離せない‼️
しかし子猫を、いえ動物の赤ちゃんを育てるってそういうことですよね。
もちろんそれは人間のお子さんもおなじ。
世の中にはたくさんのおかーさんとおとーさんが溢れてる。

食器棚の中に子猫が入っているこの写真、かわいすぎます。

ところで、この食器棚、本来はシャツケースとか!

目の付け所がいいですね。

 

越智香住のオブジェ

 

うちにやってきた、越智香住さんの作品たち。
先日、南青山のスペースユイさんで出会った作品たち。
神聖な空気がまわりにただよう。

一番奥にいる神様の名前は「オラシオン(祈り)」なのだそう。
一目見て、心惹かれて、うちに連れて来ることに決めました。

彫刻家・越智香澄さんのオブジェです。

神様をうちに連れて帰ったのですね。

一目ぼれだそうです。

吉川和人のシェーカーチェスト

 

木工作家吉川和人さん制作の整理ダンスです。

素材の味が時とともに出てくる家具ですね。栗の木の一枚板でつくられています。

栗の木は日本に古来からある木。湿気に強く、硬いので、丈夫で長持ちします。

家の土台に使われるので、家具にもうってつけですね。

吉川和人さんに依頼していた、シェーカーチェストがやってきた。
丁寧に丁寧に美しく真っ直ぐに作られたシェーカーチェストは、まるで育ちのよい少女のような佇まいです。
栗の木の無垢材、無塗装(ソープフィニッシュ)なのでどんどん経年変化していくそう。
吉川さんありがとうございます。
大切に大切に育てます。

家具を「育てる」と言っているところが、石田ゆり子さん独特の感性でいいですね。

シェーカーチェストというのは、アメリカのシェーカー教徒が19世紀につくった整理ダンスのことです。

自給自足の生活の中でつくった、実用性に徹した家具です。

シンプルで長持ちし、味わい深い特性が注目されて世界中で人気になりました。

 



 

ホンマタカシのハワイの写真

 

我が家に海がやってきた。
ずっとずっと欲しかったホンマタカシさんの波の写真。
うれしい。
ハワイの朝の波。
見ているだけで幸せな気持ちになります。

写真家ホンマタカシさんの、ハワイの波の写真、大きいですね。

見ているだけで幸せになる写真なのですね。

部屋の中に、いろいろなものがあるんだけど、なんかしっくりいってるのは不思議です。

 

青森ヒバのスツール

 

青森ヒバの切り株のスツールをいただいた。
部屋中が良い香りで癒される…。
ワイルドすぎず、洗練されてる。
かわいい…

青森ヒバの木の香りに癒されそうです。

猫も気になる香りなのですね。

 

石田ゆり子の自宅の建築家はだれ?


 

石田ゆり子さんの自宅を設計した建築家についてはわかりませんでした。

仲のいい女優の板谷由夏さんに紹介してもらったのではとも言われています。 

石田ゆり子さんは、2015年のドラマ「医師たちの恋愛事情」での共演以来、女優の板谷由夏さんと、仲が良いそうです。


 

板谷由夏さんは、お子さんもいますので、神奈川県・葉山の家で暮らしています。

四季を感じられる素敵な家だそうです。

 

今回石田ゆり子さんが家を建てるにあたって、板谷由夏さんの家を参考にしたということなので、同じ建築家かもしれませんね。

板谷由夏さんの家は、石田ゆり子さんの理想の家に近かったのかもしれないですね。

高い天井、無垢の床など、素敵です。

 
      
※無垢(むく)の床とは、丸太から切り出したままの木材を切って1枚の板にして使います。

普通の床は、木を貼り合わせて作った板を何枚か使ってつくられます。

無垢の床は、自然の表情豊かな木材で、時間がたつと変わって行って、味が出てきます。

 

まとめ

石田ゆり子さんの自宅の一軒家は、文京区にあります。

地上3階建てで130㎡です。

外観や建築家はわかりませんでしたが、親友の板谷由夏さんの自宅を参考にしています。

 



 

error: Content is protected !!