お笑い芸人

いとうあさこの実家の豪邸説は間違い!父親と兄の学歴が凄い!


 


 

タッチの浅倉南としてレオタード姿で日本テレビの「エンタの神様」に出演し、一躍ブレイクしたいとうあさこさん。

今回はそんないとうあさこさんの知られざる実家や父親、兄弟、祖父についてご紹介していきます。

トーク力も抜群で、アラフィフになっても体当たりでいろいろな事に挑戦!

売れっ子女芸人として今やバラエティ番組には欠かせない存在ですが、その面白さのルーツを知ればもっと出演番組を楽しめるかもしれません!

 

いとうあさこのプロフィール

初めに、いとうあさこさんのプロフィールをご紹介します。

名前:いとうあさこ
本名:伊藤麻子
愛称:不明
生年月日:1970年6月10日
年齢:(2019年12月現在)49歳
出身地:東京都渋谷区出身
身長:162㎝
血液型:AB型
最終学歴:舞台芸術学院ミュージカル別科
コンビ名:ネギねこ調査隊
所属事務所:マセキ芸能社
趣味:お酒 アコースティックギター
特技:タップダンス 素潜り フィギュアスケート
芸能界入り:1997年4月

 

いとうあさこの実家はどこ?写真や評判は?

いとうあさこさんの実家は東京都千駄ヶ谷にあると言われています。

お笑い芸人として売れっ子のいとうさんは自虐ネタや、昔は身体を張って笑いを取りにいっていた時期があります。

なので、イメージしづらいかもしれませんがかなりの豪邸で育ったと思われているようです。

 

みなさんは豪邸と聞いたらどんな家を想像しますか?オバサマのイメージはこんな感じです。
 

 

あくまで豪邸の参考写真ですのでご了承ください。

いとうあさこさんの実家の写真は残念ながら見つかりませんでした。

 

ただ2009年に放送された「踊る!さんま御殿」の中でナイツの塙さんが「門から玄関の入口まで3分かかる」と言っていますので、相当な豪邸だと想像されていました。

ですがこの情報は間違いです。

「玄関から家の中まで4歩で入れます」といとうあさこさん本人が言っています。

2017年6月9日「ヨミドクタープラス」のインタビューでのことです。

どうして3分もかかるなんて話になったのでしょうか?

ナイツの塙さんはお笑い芸人ですので、場を面白くしようと冗談のつもりで言ってしまったのかもしれませんね。

 

また、いとうあさこさんは、小中高校と雙葉(ふたば)に通われていました。

雙葉と言えば東京では有名なキリスト教系私立の名門中の名門女子校。

上皇后美智子さまも雙葉小学校(千代田区)のご出身です。ちなみに皇后雅子さまは田園調布の雙葉のご出身です。

伝統ある学び舎にわが子を通わせたいと思う親御さんは多いでしょうが、私立だけに初年度100万円超えという高額の学費がかかります。

経済面だけを見ても実家はお金持ちというのは当たっていると思います。

 



 

いとうあさこの父親はどんな人?年齢や職業、学歴は?

いとうさんの父は東京大学法学部出身、2019年現在82歳、都市銀行の元重役だったそうです。

これだけ聞いてもなかなか周りにはいない経歴ですよね。

 

そんなお父さんの元、育てられたいとうあさこさんですが、お酒好きは両親譲りだそうです。

2019年12月13日『女性のお酒あるある川柳 in TOKYO 表彰式』というイベントに出席し、ご自身が選んだ川柳がお酒に関係する川柳です。

「お父さん あなたに似ました ビール好き」

「思春期はお酒のことはよくわからないから『こんな大人にはなりたくねえ!』とずっと思っていたが、この年になってきたら母の飲み方にそっくりなんですよ」と告白。

「飲む趣向も似てるし、飲み方も似てるし、飲んだ後ソファーで寝る感じとかもすごいそっくりになってしまって(笑)」

ご両親ともにお酒好きであるほのぼのとしたエピソードですね。

今のいとうあさこさんが、月に10万は使う酒豪と言うのもうなづけます。

親の血を継いで…などと言われますが、テレビで見るいとうさんの豪快な飲みっぷりはご両親譲りなのですね。

 

大学進学を考えた時「宇宙物理学」を学びたかったいとうさん。

文系への進学を勧めた父親との間で意見が合わず19歳で家を出たそうです。

それでも父親は強引に家に連れ戻すことなく、そのまま本人のやりたいことを見守ったようです。

結局大学には進学しなかったいとうさんですが、父親は今も頭が上がらない存在なのかも。

ただ49歳で独身なのは親としてはどうしても心配かもしれませんね。

 

いとうあさこの兄弟は?年齢や職業、学歴は?


 

いとうあさこさんにはお兄さんと妹さんがいるようです。

お兄さんはなんとお父さんと同じ東京大学出身!

優秀な方のようですが、いとうさんからすると「かなり個性的な人」とのこと。

オバサマ
オバサマ
毎日「超個性的な」芸人さんやタレントさんと接しているいとうさんにこんな風に言われるお兄さん。
どんな人なのでしょうね。ちょっと会ってみたい気もします。

お笑い芸人になって成功するには、頭の回転の速さやその時求められる役割に応える能力が必要です。

お嬢様育ちの割にはその辺がしっかりしてらっしゃるので、ユニークさは血筋と言えるかもしれません。

 

妹さんはいとうさんが19歳で家出をした時も連絡を取り合っていたそう。

ただ「お姉ちゃんが結婚するまで待てない」と言って先に結婚し、一児を設けた妹さん。

今では姪っ子を可愛がる日々だそうです。

 

いとうあさこの祖父は伊藤忠元会長?

いとうあさこさんの祖父が伊藤英吉(伊藤忠元会長)という噂がネット上で出回っていたようです。

結論から言うとこれは間違いでした!

 

「伊藤」という名字は多い上、有名人のプロフィールや年齢差が近いと、簡単に結びつけたくなる気持ちは分かります。

実際伊藤忠商事に勤める創業者一族の伊藤公一氏に直球で話を聞いた人によると、いとうあさことは何の関係もないとのこと。

名字が一緒なだけの別人は良くあることですが、情報や思いこみに踊らされないようにしましょう。

 

いとうあさこのまとめ

お嬢様育ちのいとうあさこさんですが、19歳で家を出てからは親から一切援助を受けていないとのこと。

なかなかできませんよね。

普通の若い人でも親元を離れれば、何をするにもお金がかかり、親のありがたさを感じるものです。

お金に不自由したことのなかった、いとうさんには世間の厳しさがより身に染みたことでしょう。

だからこそ「絶対売れてみせる!」という思いは強く、今の成功につながったのかもしれません。

開けっぴろげな中にも女性らしい優しさや、気づかいが垣間見えるところが芸能界でひっぱりだこの理由なのでしょう。

これからも活躍してほしいタレントさんです。

 



 

error: Content is protected !!