芸能人・有名人

尾上菊之助の家族と学歴!嫁や息子、母や寺島しのぶのことも


 


 

歌舞伎俳優尾上菊之助さんの家族と学歴について調べました。

歌舞伎だけでなく「下町ロケット」「グランメゾン東京」などのドラマにも出演しています。

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」を創作するという新しい考えを持つ人です。

尾上菊之助さんの家族と学歴、嫁や息子、母や寺島しのぶさんのことなどみていきましょう。

 

尾上菊之助のプロフィールと学歴は?

尾上菊之助さんのプロフィールと学歴はどうなのでしょう。

プロフィール

名蹟:5代目 尾上菊之助(おのえ・きくのすけ)
本名:寺嶋 和康(てらしま・かずやす)
屋号:音羽屋(おとわや)
生年月日:1977年8月1日
年齢:42歳(2019年10月現在)
出身地:東京都
身長:173㎝
血液型:B型
所属事務所:トップコート

 


 

学歴

尾上菊之助さんは、幼稚園から青山学院でした。

青山学院は、歌舞伎界御用達と言われるくらい、多くの歌舞伎俳優の子供が通っています。

小学校では剣道部、中学校はラグビー部、高校ではバスケットボール部に所属していました。

歌舞伎のための稽古と並行して、スポーツもやっていたんですね。

大学は文学部に進学しましたが、5代目菊之助を襲名し、舞台稽古などが忙しくなって、大学へ通うことが難しくなり中退しました。

 



 

尾上菊之助の嫁はどんな人?馴れ初めや結婚はいつ?

尾上菊之助さんの奥さんは、旧姓 波野瓔子(ようこ)さんで、歌舞伎俳優の中村吉右衛門の四女です。

→ 波野瓔子さんの画像

2013年2月14日に婚約発表会見を開いています。

バレンタインデーに婚約発表とは粋なことをしますね。

尾上菊之助さん34歳、瓔子さん30歳でした。

挙式は2月26日です。婚約発表から12日後とスピード婚でしたね。

嫁 瓔子のプロフィールは?

瓔子さんは、名門・播磨屋の歌舞伎俳優の子供ですから、やはり青山学院でした。

青山学院大学を卒業したあとは、2005年から、銀座4丁目交差点の時計塔で有名な、和光に勤めていました。

和光は、時計、アクセサリー、宝飾品、バックなど、高級品を扱い、著名人が多数訪れることで有名です。

嫁 瓔子との馴れ初めは?

 

 

2人とも歌舞伎界の人なので、お互いのことはよく知ってはいたといいます。

2年前(婚約会見の2年前、2011年)に、会食の機会があり、それから友達付き合いが始まりました。

尾上菊之助さんは、その頃はまだ、結婚は考えていませんでした。

結婚しようと決意したきっかけは?


 

そんなとき、歌舞伎俳優の中村勘三郎さんは、2012年の12月5日、急性呼吸窮迫症候群のため57歳の若さで亡くなりました。

中村勘三郎さんの息子、中村勘九郎さんと中村七之助さんの2人は、京都南座での舞台のため通夜と葬儀には参加せずに、父の気持ちに沿って、舞台を務めました。

兄の中村勘九郎さんは、結婚しすでに父親になっていました。

尾上菊之助さんは、中村勘三郎さんが亡くなった時、息子さんたちがしっかりと後を継いでいこうとしているようすを見たのです。

それで、自分もしっかりした家庭を築いておかなければと感じ、じっくり考えた時、瓔子さんしかいないと思ったのです。

 



 

嫁へのプロポーズ?

そして、翌年の2012年12月、プロポーズをしました。

瓔子さんは、「家を守ってください」という言葉でのプロポーズを明かしました。

瓔子さんは、最初は結婚は考えていませんでしたが、11月ごろから、彼をささえて行けたらと思うようになってきたといいます。

瓔子さんは、尾上菊之助さんのことを、温かくてやさしい空気をまとっている人

一緒にいると羽毛布団に包まれているみたいと、思いを語っていました。

結婚について2人の父親の反応は?


 

2人の結婚については、双方の父親ともに驚いていました。

尾上菊之助さんさんの父親・四代目 尾上菊五郎さんは、息子・尾上菊之助さんの姉・寺島しのぶさんの、フランス人の旦那の時よりびっくりしたと言っています 笑。

関連記事:寺島しのぶの旦那の年齢や馴れ初めは?年収も

 

瓔子さんの父親・中村吉右衛門さんは、昨(2012)年暮れに、尾上菊之助さんから、お願いがあると言われました。

中村吉右衛門さんは、てっきり歌舞伎のことだと思っていたら、「娘さんをいただきたい」でした。

ただただびっくりしたものの、快諾しました。

結婚式はいつ、どこで?


 

尾上菊之助と瓔子さんの結婚式は、2月26日に神田明神で行われました。

神田明神で歌舞伎役者の結婚式が行われるのは、初めてでした。

一般のファンも500人駆けつけていて、「音羽屋」「5代目」と言った掛け声や祝福の声が上がっていました。

築地市場の魚河岸会が神田明神の神輿を担いで、お祭りのようなにぎやかな式になったのです。

         
 



 

尾上菊之助の母はどんな人?

尾上菊之助さんの母親は、女優の富司純子(ふじ・すみこ)さんです。

富司純子さんは、和歌山県出身で、1945年12月1日生まれの73歳(2019年11月現在)
です。

 

富司純子さんは、1945年、18歳の時、映画監督のマキノ雅弘氏にスカウトされました。

 

 

芸名・藤純子として映画やテレビ・ドラマに出演しました。

1968年、緋牡丹博徒シリーズ等が大ヒットして、スターの仲間入りとなりました。

 

 

1972年、大河ドラマ「源義経」で共演した4代目尾上菊之助さん(現・7代目尾上菊五郎)と結婚し、芸能界を引退しました。

 

1974年本名の寺島純子でフジテレビの「3時のあなた」で、司会者として芸能界に復帰しています。

1983年には女優としても復帰しました。

 

 

1989年、高倉健さんと映画「あ・うん」で共演、映画出演を再開しました。

この時、新人女優のように白紙からスタートしたいと、芸名を富司純子と改名しました。

 

1996年 「祇園の姉妹」で菊田一夫演劇賞を受賞しました。

2000年 キネマ旬報社が発表した「20世紀の映画スター・女優編」で日本の女優で10位
「オールタイムベスト日本映画男優・女優」で日本女優3位となっています。

 

 

2006年 「フラガール」で、日刊スポーツ映画大賞、ブルーリボン賞、東京スポーツ映画大賞、助演女優賞。  

日本アカデミー賞で、最優秀助演女優賞を受賞しました。

 

尾上菊之助さんの母親は、大女優ということですね

そのため、尾上菊之助さんは、一般女性を妻に選んだのだと思われます。

父親の尾上菊五郎さんは、“嫁は家庭を取り仕切るだけでいい”と考えています。

 



 

尾上菊之助さんが24歳の時、11歳年上の江角マキコさんと交際していた時期がありました。

交際宣言もして、江角マキコさんも尾上家に出入りして、気に入られていて結婚間近と言われていました。

ところが、結婚となれば話は別と、あっという間の半年で、破局を迎えました

 

35歳の女性だと跡取りの男子を産めるか?という不安もあるのでしょうね。

歌舞伎役者の家では跡取りの男子を産むことが嫁の仕事で一番大事なことですから。

 

 

尾上菊五郎さんの妻の富司純子さんは、結婚後は家庭に入ったものの、子供が大きくなると芸能界に復帰しました。

芸能界で活躍した女性は、家庭に入ってもキャリアを捨てられない方が多いといいます。

それを間近で見ていたから、父親は、息子の結婚相手は、一般女性と常々言っていました。

尾上菊之助さんの父親は、本当は妻には、歌舞伎役者の妻として家を守ってほしいと思っていたということですね。

そういいながらも、尾上菊之助さんの母・富司純子さんが家庭をないがしろにしてきたわけではありません。

 

 

歌舞伎俳優中村芝翫(なかむらしかん)さんの妻・三田寛子さんも、テレビに出ていますし、中村勘九郎さんの妻の前田愛さんも女優さんです。

ただ、三田寛子さんはドラマや映画ではなくバラエティの出演なので、単発であり、時間もドラマのくらいはかからないのでしょう。

前田愛さんも、まだ子供が小さいためか、あまり見ることは少ないように思います。

 

 

歌舞伎役者の夫たちにも、それぞれの考えがあるのだと思います。

妻に求めるものの違いではないでしょうか。

尾上菊之助さんは、嫁に「家を守ってほしい」と言っていますので、家にいてくれる妻を望んだのですね。

 

 

尾上菊之助の息子の名前や年齢、学校は?

尾上菊之助さんの息子は、寺嶋和史(てらしま・かずふみ)くんです。

生年月日は2013年11月28日で、2019年11月現在で6歳です。

2020年4月に、小学校入学です。

尾上菊之助さんも、妻の瓔子さんも青山学院で、青山学院は歌舞伎界御用達とも言われていますので、青山学院初等科に入学するのではないでしょうか。

 



 

2019年5月10日 寺嶋和史くんは、東京・歌舞伎座で、7代目尾上丑之助(おのえうしのすけ)を名乗り、初舞台を踏みました。

演目は、父親の初舞台と同じ「絵本牛若丸」でした。

人間国宝である祖父、尾上菊五郎さんと中村吉右衛門さんが、いっしょに舞台に立っていました。

2人の祖父が人間国宝ってすごいですね。

五月歌舞伎座公演 團菊祭におきまして、
倅が尾上丑之助を七代目として襲名し初舞台をさせていただくこととなりました。

私の初舞台と同じ「絵本牛若丸」の牛若丸役をさせていただきます。

私も一生懸命に教えてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

尾上菊之助さんには、他に2人の娘、2015年7月14日生まれの知世(ともよ)さん、2017年9月4日生まれの新(あらた)さんがいます。

娘たちについて、写真は公開していません。

 

尾上菊之助の寺島しのぶの関係は?

寺島しのぶさんは尾上菊之助さんの姉です。

寺島しのぶさんは、歌舞伎という男社会の家に、女性で生まれたことで複雑な思いがあったと言います。

男に生まれて歌舞伎役者にになりたいと思っていました。

歌舞伎が好きで好きで仕方がなかったのです。

 

 

1992年、大学在学中に、劇団文学座に入団しました。

1996年に退団し、蜷川幸雄さん、江守徹さん、久世光彦さんなどの大御所の作品に起用されて、演技を磨きました。

 

2003年 映画「赤目四十八瀧心中未遂」「ヴァイブレータ」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞ほか、多くの映画賞を受賞しました。

 

 

2008年 シアタークリエ・舞台「私生活」で文化庁芸術祭賞・優秀賞を受賞しています。

 

2010年 若松孝二監督の映画「キャタピラー」で、ベルリン国際映画祭(世界3大映画祭)で最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞しました。

日本人では、35年ぶり、3人目の受賞です。
 

 

2007年、日本在住のフランス人アートディレクターのローラン・グナシアさんと結婚しました。

2012年9月12日、長男・寺嶋眞秀(てらしま・まほろ)くんが生まれています。

 


 

自分が女であるゆえに果たせなかった、歌舞伎役者になるという夢を息子に託そうとしたのです。

しかし、フランス人の夫に、子供の人生は子どものものと諭され、なんとか理解しました。

それでも、2017年、5才の時に、歌舞伎役者として、初お目見えを済ませています。

 



 

息子は、自分の母校で弟の子供も入るであろう青山学院ではなく、慶應義塾の幼稚舎に入学させました。

慶応義塾の幼稚舎は全国の小学校で最難関の学校です。

これにはみんな驚いていましたね。

息子もてっきり寺島しのぶさんの母校、青山学院だと誰もが思っていたのです。

 


 

これから先、何かと弟や甥と一緒になるのは嫌だったのかもしれません。

自分の息子が歌舞伎役者になったとしても、後継ぎとなるのは弟の息子ですからね。

 

 

寺島しのぶさんは、弟・尾上菊之助さんの婚約発表の時に、祝福しています。

嫁となる瓔子さんには、「コノヤローと思った時にはわたしに愚痴を言いに来て」と言っています。

弟には祝福の言葉とともに、「どっちかって言ったら、奥さんの味方になって」と言っています。

 

寺島しのぶさんは、弟の尾上菊之助さんの第1子の誕生に際して、祝福の言葉をお送りました。

跡取りの男の子でほっとしたんじゃないですかという記者の問いには、少し厳しいコメントをしています。

「役者になれることはなれるけれど、いい役者になれるかは本人次第」と。

生まれたばかりの子供に、ここまで言わなくてもという気もしますが、自身の息子のことも心に思いながら出てきた言葉かもしれないですね。

 


 

ハーフでカワイイ寺嶋眞秀くんが、歌舞伎の世界で人気を集めています。

それが、尾上菊之助さんの嫁にとっては、気になっているようだと伝えているマスコミもありました。

2019年は、息子の寺嶋和史くんも尾上丑之助として初舞台を済ませたので、母親の瓔子さんも落ち着いたのではないでしょうか。

 

尾上菊之助の嫁と家族のまとめ

尾上菊之助さんの奥さんは、歌舞伎俳優中村吉右衛門さんの四女瓔子さんです。

息子は、2013年11月28日生まれの寺嶋和史くんで、2019年5月10日7代目尾上丑之助を襲名しました。

寺島しのぶさんは、尾上菊之助さんの姉で、甥の寺島眞秀くんも歌舞伎の舞台に立っています。

関連記事:寺島しのぶの旦那の年齢や馴れ初めは?年収も

 



 

error: Content is protected !!