芸能人・有名人

坂口杏里の親や生い立ちについて!父親や母親は誰?兄は医者なの?

坂口杏里の親や医者だという兄のこと。生い立ちが大変だった?

 



 

元2世タレントの坂口杏里さんの親や生い立ちについて調べてみました。

おバカキャラで、親子で番組に出演するなど人気でした。

いろいろあって芸能界から去りました。

坂口杏里さんの親は誰か、兄は医者なのか、生い立ちについてみていきましょう。

坂口杏里の父親や母親は誰? 職業や現在は?

父親について

坂口杏里さんの父親は、バブル期に不動産王と呼ばれた実業家の田山恒彦さんです。母親の女優・坂口良子さんと、1986年に49歳で結婚しました。

田山恒彦さんは、坂口良子さんの19歳年上で3度目の結婚でした。最初の奥さんとは死別、2度目の奥さんとは離婚と言われています。

バブルの崩壊により、約40億円という莫大な借金を背負って倒産。

二人は1994年に離婚しましたが、坂口良子さんは慰謝料の請求はしませんでした。借金で、慰謝料どころではなかったからです。

それどころか、田山恒彦さんは、勝手に坂口良子さん所有のマンションを担保にしたり、実印を持ち出して坂口良子さんを連帯保証人にしていました。

2015年、坂口杏里さんは、父親に会いに行ったことをブログで明かしています。

父親ががんになって闘病中であることを坂口杏里さんの事務所に伝え、約20年ぶりに再会したのでした。2016年に亡くなったということです。

母親について

坂口杏里さんの母親は女優の坂口良子さんです。1955年10月23日に北海道で生まれ、1971年16歳の時、ミスセブンティーンとなりました。

翌年1972年のフジテレビ・ドラマ「アイちゃんが行く」で主演デビューしました。

夕方7時からの30分のドラマで、オバサマ、大好きでした。

その後、ドラマでは前略おふくろ様、池中玄太80キロ他の数多くの作品、映画も犬神家の一族他、舞台やバラエティーでも活躍しました。
 



 

坂口良子さんは、田山恒彦さんと離婚後、坂口杏里さんと兄の親権を持ち、育てながら、田山恒彦さんに押し付けられた約40億円の借金の返済もしました。

それもなんと、10年で完済しました。

 

1998年、プロゴルファー尾崎健夫さんと知り合い交際を続け、坂口杏里さんの成人後の2012年8月10日、56歳のときに正式に結婚し挙式しました。

坂口良子さんのウエディングドレス姿、キレイです。56歳なんて全く見えません。幸せそうで美しく輝いています。

 

実はこの前年、2011年秋に大腸がんが発覚し、手術をしているのです。

2013年3月、週刊女性が、坂口良子さんが消化器系の重病で入院中だと報道しました。

坂口良子さんは、腸閉塞とインフルエンザが重なってしまい、静養しているだけと発表しています。

しかし、2013年3月27日、横行結腸がんと肺炎のため、57歳の若さで帰らぬ人となりました。

義父について

2012年8月12日坂口良子と尾崎健夫の結婚式
 

プロゴルファーの尾崎健夫さんは、坂口杏里さんの母親・坂口良子さんと2012年8月12日、58歳で結婚しました。

夫の尾崎健夫さんは学年でいうと坂口良子さんの2学年上ですね。尾崎さんは早生まれで、1954年1月9日生まれです。

義理の父親ということになりますが、坂口杏里さんはすでに成人しているため、戸籍上は父親となりません

未成年の場合は、母親が再婚した場合、子供も新しい戸籍に入れることが多いのです。

しかし、成人している場合は、養育する必要はないため、母親と子供の戸籍にそのまま残ります。母親だけが新しい戸籍になり、子供だけが残ります。


 
 

2014年、坂口杏里さんが出演した日本テレビ「ナイナイアンサー」で義父と確執があったことを明かしています。

義父の尾崎建夫さんは、坂口杏里さんに心配をかけないように、母親の本当の病名を教えなかったのです。

そのため、坂口杏里さんが病院に行った時には話すこともできなくなっていました。その時初めて本当の病名を知らせたのです。

知っていたら、もっと病院に行って、いっぱい話したりしたのに、と義父を恨んだといいます。

それが、数か月後、母親の墓前で、自分の健康を祈ってくれている義父を見て、憎しみが消えたと言っています。

坂口杏里の生い立ちは?

坂口杏里さんは、女優の坂口良子さんと、夫の不動産王と呼ばれた田山恒彦さんの、第2子として1991年3月3日に生まれました。

バブル崩壊後、父親の会社が負債を抱えて倒産し、1994年に両親は離婚しました。

親権は母親が持ち、母親に育てられました。

 



 

小中学校は成城学園、高校は、母親と同じ堀越高校を卒業しました。

中学校の成績が思わしくなく、成城の高校には進めなかったという話があります。

なんでも成績がオール1だったときもあったとか。

頭が悪いのではなく、勉強する気が全くなかったのでは?とオバサマは思います。

2008年に芸能界にデビューし、坂口良子さんと親子でバラエティーに出演し、2世タレントとして話題になりました。

おバカキャラで人気でしたね。

 

坂口杏里の兄は医者なの?

坂口杏里さんの兄が、坂口直彦さんという医者で、慶応大卒のエリートと書かれている記事がありますが、ガセだと思われます。

というのは、妹の坂口杏里という名前は芸名であり、本名は野澤瑞枝と2019年8月28日の逮捕の際、報道され話題になったからです。

ですから、兄の姓も野澤ということになり、兄の本名は野澤直彦で、坂口姓ということはないでしょう。

 

坂口杏里さんの本名が野沢瑞枝ということは、母親の坂口良子も芸名で、本名は野澤良子か野澤〇〇ということになりますね。

多分良子も芸名だと思います。なぜなら娘の芸名は坂口杏里、本名は野沢瑞枝で、名字も名前も2つともまったく違いますから。

それに坂口良子さんは堀越高校の出身。当時は堀越学園の生徒で芸能活動する人はみな芸名を使っていました。

例えば、坂口良子さんと同じ年の麻丘めぐみさん(本名は藤井佳代子)、郷ひろみさん(原武裕美)、野口五郎さん(佐藤靖)です。


 

名字だけが間違っているのか、兄の写真が掲載されていました。

フォーマルな服装で、坂口杏里さんもうつっていますから、母親と尾崎健夫さんの結婚披露宴の写真ですね。

テレビ番組「ぴったんこカンカン」で兄のスピーチが放送され、茶の間の涙を誘っていたという話があります。

 

兄の写真であることには違いないのかなと思います。目が大きくてクリクリしているところは母親の坂口良子に似ています。

緊張からか、特徴のある話し方をしていて、障害があるのではないかといううわさもありました。

 



 

両親の結婚披露宴でスピーチをしたのは兄に間違いありませんが、

名前がテレビで出たとおり「坂口直彦」であれば、本当の名前を出したくなかったということでしょうか。

もしかしたら、名字が違うだけで、名前の直彦さんはあっているのかもしれません。

 

医師であるという根拠は見つけられませんでした。

一般人のため、情報はありません。

坂口杏里さんは、兄とはあまり付き合いがないのか、ツイッターなどにも出てきませんでした。

 

お兄さんは2017年に坂口杏里さんが逮捕されたとき、週刊誌のインタビューに初めて答えています。

妹の坂口杏里さんについて、次のように語っています。

●甘やかされて育ったのでわがまま
●思い込み激しいところがある
●深く考えずに行動する
●華やかな世界が好き

お兄さんは一般人の常識がそなわった人のようです。

2歳しか年齢が違わないのに、こんなに性格って兄弟で違うものなのですね。

 

坂口杏里のプロフィール

坂口杏里のプロフィールやデビュー、その後の引退や逮捕のことなどみていきましょう。

プロフィール

名前:坂口杏里(さかぐち・あんり)   
本名:野澤瑞枝(のざわ・みずえ)
生年月日:1991年3月3日
出身地:東京都
身長:167㎝
血液型:B型
最終学歴:堀越高校卒業

 

デビューやデビュー後の活躍

2008年にデビュー。2世タレントとして、母親との共演も多数ありました。

また、おバカキャラでも活躍していました。

アイドルとしてのイメージDVDも発売しました。

2014年映画「ハニーフラッパーズ」で映画初主演。

六三四第壱回本公演「刀神姫抄-TOUZINKIISHO-」で舞台初出演するなど、女優にも挑戦しています。

2016年末、所属事務所アヴィラを退社しました。

その後は、キャバクラで働きながら、ANRI(アンリ)という芸名で、セクシー女優やグラビアの仕事をしていました。

11月には、ヌード写真集も発売しました。
 



 

引退や理由、復帰、借金

2017年、9月29日は、自身のインスタグラムで、芸能界の引退を報告しました。

キャバ嬢として頑張っていきたいと、そのうち素敵な人が現われて結婚もしたいと。

そして、スタッフ、会社の方々、応援してくれた人への感謝の言葉を伝えていました。

しかし、その前に勤めていた店では、ナンバーワンになりながらも、人間関係がうまくいかずにやめていました。

母親の死後、ホストにはまって、母親の遺産も使い果たし、借金がいっぱいになっていると言われていました。

 

2018年6月、坂口杏里さんが、浅草ロック座でストリッパーデビューすることになっていましたが、ドタキャンになってしまいました。

レッスンを受けたのは、5回か6回だけ。後は自主練習と言われたと、インスタグラムで愚痴っていて、本人の意志に反していると伝えています。

 

2018年6月25日坂口杏里さんは、Twitterで新宿「輝き」という風俗店で働き始めたことをお知らせしています。

9月には神戸、10月には東京と次々店を変えていることも報告しています。

借金が返せず、よりハードな風俗業へと転職しているように見えます。

 

2018年12月には、歌手デビューを目指してバンドメンバーを募集していました。

作詞をしたいと、今までの生きざまを詩にしたいも言っています。

次々と新しいことをしようとするのはどういう気持ちなのでしょう。

幸いなことに、メンバーは集まったようですね。
 



 

逮捕歴や理由

2017年4月18日、知人の30代のホストから3万円をだまし取ろうとした疑いで、逮捕されました。

新宿歌舞伎町のホストクラブで、豪遊する姿が目撃されていました。

数十万から、3桁のお金を使う日もありました。

6月8日に、不起訴となりました。

 

2019年8月28日、坂口杏里さんは、元交際相手のホストの男性の自宅に侵入したということで逮捕されました。

坂口杏里さんは、元カレにタクシー代を返してもらいに行ったら、ドアに指をはさまれたと言っています。

この男性は、2017年の事件の時と同じ男性です。

30日にスピード釈放されました。警察は、痴話げんかと見たのですね。

2月ごろからトラブルがあったといいます。よりを戻したかっただけなのだろうということです。

謝罪の動画をYoutubeにアップしていますが、見た人たちの感想は冷ややかです。

同じことを繰り返していて、心配し、カウンセリングに行った方がいいのではという声もあります。

 

2019年6月30日放送のフジテレビの「ザ・ノンフィクション」に出演し、

2018年6月に借金が1300万までになったことや、2018年9月に自殺未遂したことなど、衝撃を与えていました。

音楽活動を目指して頑張る姿を見せていました。

まとめ

坂口杏里さんの父は不動産王だった田山恒彦さん、母は女優の坂口良子さん。

義父はプロゴルファーの尾崎健夫さん。実の両親は他界しています。

兄は一般人で医者というのはガセ。

 



 

error: Content is protected !!