俳優・女優

白石聖の本名と経歴!高校や大学など学歴は?親や兄弟など家族も

 



 

女優の白石聖(しらいし・せい)さんの本名や経歴について、調べました。

白石聖さん、広瀬すずさんや橋本環奈さんと何と同世代なのです!

2019年、フジテレビ系ドラマ「絶対正義」NHKドラマ「だからわたしは推しました」で話題になりました。

2020年は、日本テレビ系「シロでもクロでもない世界でパンダは、笑う」に出演しています。

 

癒し系と言われる白石聖さんですが、実際は全然違うとか。

サバサバした性格だったり、アニメオタクだったり。

白石聖さんの本名と経歴、高校や大学などの学歴や、家族についてもみていきましょう。

 

白石聖の本名とプロフィール


 

白石聖さんの本名とプロフィール、デビュー作品や所属事務所についてご紹介します。

名前:白石聖(しらいし・せい)
生年月日:1998年8月10日
年齢:21歳(2020年1月現在)
出身地:神奈川県
身長:158㎝
体重:非公表
スリーサイズ:非公表
血液型:A型
所属事務所:芸映プロダクション
趣味:イラスト
特技:書道、ドラム

 

本名について

白石聖さんの本名については、情報がありませんでした。

白石という名字は普通ですから、本名ということもありそうですね。

聖という名前は珍しいですよね。

男の子で、キヨシさんとか、ヒジリさんとか、いますが。

女の子だと聖子さんとか、聖美(きよみ)さんとかになりそうです。

 

また、白石聖(しらいし・じょう)さんという、文字が同姓同名のプロボクサーの方がいます。

女優の白石聖さんより2歳上で2019年の日本ユースフライ級王座です。

「聖」の読み方はいろいろあるのですね。

女優の白石聖さんのことを調べようとした人が、びっくりしてしまいそうですね。

オバサマ
オバサマ
紛らわしいです。

 



 

芸能界入りのきっかけ

白石聖さんが高校2年生の夏休み(2015年)に、原宿の竹下通りでスカウトされました。

原宿の竹下通りでのスカウトはスターダストが有名ですが、白石聖さんの場合は芸永プロダクションという目黒にある芸能事務所です。

声をかけてくれた人を信頼できると思ったので、その事務所・芸映プロダクションに所属することを決めました。

実は声優にあこがれていて、人前で話すことは苦手で裏方の方が好きだったのですが、これも縁だと思い、芸能界に飛び込んだと言っています。


 

女優は、あこがれた声優とは違っていても,声優にも遠くない世界ですからね。

実際、ディズニーアニメなどの吹替を俳優がすることもありますから、声優のお仕事も回って来るでしょう。

 

小学校3年生頃からアニメが大好きで、国語の音読も好きだったので、声優にあこがれていました。

アニメ好きで、声の仕事、声優になりたいという夢を持ちながらも、自分には向いていないのではと迷っていた時だったとか。

今の声優はアイドル性も求められているから、自分には向かないと思ったというのです!

自分の顔がコンプレックスで好きではないと白石聖さん、インタビューで答えています!

特に唇は好きじゃないパーツだとか。

オバサマ
オバサマ
白石聖さん、こんなにかわいいのに、コンプレックスって???
意味不明ですねぇ 笑
オジサマ
オジサマ
白石聖の唇、かわいいのになぁ。

所属事務所芸永プロダクションはどんな芸能事務所?

芸映プロダクションは、もともとは海外から映画を輸入したり、CMを制作したりする会社でした。

1962年から、タレントのマネジメントを始めています。

昭和のアイドル歌手を多く輩出しています。

所属タレントは

■ 西城秀樹さん(歌手)

■ 浅田美代子さん(アイドル)

■ 岩崎宏美さん(アイドル)

■ 河合奈保子さん(アイドル)

■ 石川秀美さん(アイドル)

■ 角川博さん(演歌)

■ 神野美伽さん(演歌)

■ 市川由紀乃さん(演歌)

■ 岸本加世子さん(女優)

業務提携している事務所に所属しているのが、きゃりーぱみゅぱみゅさん、広末涼子さんです。

 



 

デビュー作品

2016年高校3年生のとき、「AKBラブナイト 恋工場」で女優デビューしました。

4月から9月の木曜日深夜に放送された一話完結の短編ドラマです。

秋元康さんの短編集「恋工場」を基にして、AKB48のメンバーが毎回一人主演します。

白石聖さんは、6月2日放送の小嶋真子さん主演の「うわさの転校生」に出演しました。

注目作品

2016年夏のTBS日曜劇場「仰げば尊し」に十亀聖役で注目されました。

無名の高校吹奏楽部が「音楽の甲子園」を目指す闘いを描いたドラマです。

白石聖さんは、吹奏楽部でクラリネット担当の部員役です。

これは、ドラマ「仰げ尊し」の中の美崎高校吹奏楽部のことですね。

ドラマでは、見た目どおりのクラリネット担当でした。

このドラマの頃、高校3年生だったのですね。

オバサマ
オバサマ
デビュー2作目で早くも注目されたなんて、すごいです!
白石聖さん、演技の才能があるのですね。

受賞歴は

2019年4月、フジテレビ系・オトナの土ドラ「絶対主義」で第15回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」で「新人賞」を受賞しています。

山口紗弥加さん演じる、法律を価値判断の基準として生きる“絶対正義”の女性・主人公範子の、高校時代を演じました。

白石さんの不気味な感じが作品の基調になっていた。
白石さんがいたからこそ、この作品が完成したという感じがした。

狂気さえ帯びた演技力は圧倒的だった

美しいサイコパス

など、高い評価を得ました。

 



 

白石聖の学歴:中学は?エピソードも

白石聖さん、実家の場所もはっきりしていないので、中学校も特定されていません。

横浜の田舎ということなので、山沿いの方かと思います。

中学校は、地元の中学に通っていたのでしょう。

 

中学校時代には、吹奏楽部でした。

吹奏楽部ですが、担当楽器は管楽器ではなく、パーカッション(打楽器)でした。

太鼓やドラムを担当していました。

オバサマ
オバサマ
白石聖さんのイメージでは、フルートやクラリネットが似合いますが。

 

本当は、アニメ「けいおん」の影響でバンドをやりたいと、仲の良い友達4人で考えていたのだとか。

でも、楽譜を読めるようになりたいと思って、吹奏楽部の入ったのでした。

白石聖さんは、そのバンドでは、ギターの予定でしたが、結局実現しませんでした。

ギターは小学校6年生のときに親に買ってもらい、地味に練習を続けて来たそうですが、全然弾けないそうです。

 

その前までは、バスケをやっていたということで、活動的だったのですね。

文化部に入ったら、母親がびっくりしたのだそうです。

オバサマ
オバサマ
見かけはかわいくておしとやかですが、本当はおてんばなのでしょうね。

 

白石聖の学歴:高校は?エピソードも


 
白石聖さんが卒業した高校は、私立日出高校と言われています。

でも、それは高校2年生の夏休みにスカウトされた後で転校したと思われます。

女優目指して演技のレッスンなど受けながらオーディションに次々挑戦していったのでしょうね。

日出高校では、TBSドラマ「仰げば尊し」で共演した真田真帆さんと同級生でした。

一緒に卒業証書を持って写真を撮っています。

白石聖さんと真田真帆さんの卒業写真

 

白石聖さんは、インタビューで横浜の田舎の方に住んでいて、入学した高校は総合学科だったと言っています。

女子の方が多い学校だったということも言っているので、神奈川県立金沢総合高校に入学していたのではないでしょうか。


 

横浜市の西部・金沢区富岡東6-34-1にある共学の高校ですが、男子より女子の方が2倍ほど多い状況が続いているようです。

偏差値は49なので、難しくはないです。

学校は、自由で、自分次第という口コミが多くありました。

 

高校では軽音楽部に入ったものの、いろいろあって辞めましたと言っています。

女子の多い学校でありがちな、いざこざがあったのでしょうか?

友達とカラオケに行ったり、ファミレスでおしゃべりをしたり、楽しく過ごしていたようです。

また、ファミレスでのアルバイト経験があるという話もしていました。

 

白石聖の学歴:大学は?エピソードも

白石聖さんは、大学には行っていません。

もともと最初に総合高校に入学した時点で、大学進学は考えていなかったのかと思います。

アニメの声優を目指していたからでしょう。

 

空き時間に1人カラオケって、女優さんらしくはないですが、好きなんですね。

大学に行っていないから、こういうこともできるのでしょう。

白石聖の家族:父や母、兄弟は?実家はどこ?

白石聖さんの実家は、横浜の田舎の方と言っていましたので、横浜の海沿いではなく山側の方かと思います。

栄区、戸塚区、泉区あたりでしょうか。

兄弟については話が出てこないので、ひとりっ子だと思われます。

 

2018年秋のインタビューでは実家暮らしであることを話しています。

古着が好きで、色は黒が好きなので、黒い古着の服を買って帰ると、母親からまた同じようなものを買ってきたといわれたのです。

 



 

ファミリーレストラン「ガスト」CMに出演した際、両親が共働きだったので、ガストをよく利用していたといいう話をしていました。

仕事でご飯の用意が遅くなった時に、家族で食事に行っていたのでしょう。

高校のときは、ガストに友達と寄ってお喋りをして帰っていました。

 

白石聖さんの演技が評価されたドラマ「絶対正義」を母親と一緒に観ていたとき、すごく冷たい目をしている自分の顔のアップがありました。

「私、こういう表情できるんだ…」と母に言ったら、母が笑って「普段もたまに死んだ目になっている時あるよ!」と言われて、びっくりしたと話していました。

 

白石聖さんんが「LINE Clova」のCMに出演した時、深夜のサッカー中継でCMが流れることになっていました。

母と一緒の部屋で寝ていた白石聖さんですが、自分の映像は恥ずかしいから観たくなくて、寝ようとしていましたが、母がテレビをつけているため眠れませんでした。

じっと待っている母のため、一緒に観たといいます。

 

資料としてCMの映像はもらっていても、母は、実際にテレビで流れるのを観たかったのです。

4時半まで寝られなかったのです。

恥ずかしくて、観たくなかったのは、自分の顔が好きじゃないからなのです。

オバサマ
オバサマ
信じられないですね。

また、観ると、反省して、「ああすればよかった」とか思ってしまうとも。

でも、その都度ベストを尽くして、監督がよいとおもったものを使ってくれているんだから、納得しなければいけないとも言っています。

オバサマ
オバサマ
立派ですね。

母親とのエピソードはあるのですが、父親の話は出てきません。

お父さんはかわいそうですね。

娘はこんなものかもしれません 苦笑。

でも、18歳の誕生日には、両親への感謝をつぶやいています。


 

実家では猫を飼っていす。

猫をこれからお風呂に入れるというツイートがあります。

 

まとめ

白石聖さんの本名は非公開なので、芸名の可能性があります。

神奈川県出身の1998年8月10日生まれです。

高2でスカウトされたのが、芸能界入りのきっかけです。

高校は、地元の高校から、私立日出高校(目黒日大高校)に転校して卒業、大学進学はしていません。

家族は、両親と、兄弟はいなくて1人っ子のようです。

 



 

error: Content is protected !!