俳優・女優

楯真由子は結婚して子供がいる?家族は田中好子や夏目雅子だった!

楯真由子の結婚や子供、父親と田中好子、夏目雅子の関係も



 

女優で歌手の楯真由子(たて・まゆこ)さんの結婚や子供、家族のことについてまとめています。

楯真由子さんは9歳で子役としてドラマデビューし、2008年に芸能活動を休止。

2016年にゲームの声優をきっかけに復帰し、2018年には女優を再開しています。

休止の理由についても書いています。

楯真由子は結婚して子供がいる?

楯真由子さんは現在シングルマザーでお子さんは、6歳の息子さんがいるとのこと。

結婚し離婚して、一人で子供を育てているのか、初めからシングルマザーだったのか、不明です。

6歳の息子ということは2013年頃生まれています。

楯真由子さんは現在31歳ですので、25歳くらいのお子さんです。

楯真由子さん、とてもかわいい方です。インスタグラムの写真みると、31歳には見えないかわいさです。

 

実は楯真由子さん、芸能界を引退したともいわれていて、最後にドラマや映画に出演したのは2008年、20歳の時でした。

芸能活動を再開したのは、2016年にゲーム『ワールドチェイン』のMayu la名義で、クシナダヒメ、ペレネレ・フラメル役の声優として出演。

次に、2018年3月の舞台『男の星座』で主演をつとめています。

2008年に芸能活動をやめてしまったのは、病気のためでした。パーソナリティー障害という病気になったためです。女優活動が精神的負担になっていたとのことです。

 

パーソナリティ障害とは、人間の個性が極端になり、社会生活がむずかしくなる病気です。

例えば、誰かに極端に依存する、細かいことにこだわりすぎる、感情を抑えることができない、感情が不安定すぎる、猜疑心が強すぎる、傲慢すぎる、攻撃的になりすぎる、過度に目立ちたがる、など・・

いくつかの症状が一人の人に現れることもあります。また、妄想が激しくなったり、自分を傷つけることも。

パーソナリティ障害の治療は長くかかるといわれていますが、2016年には声優として仕事に復帰していまし、2013年頃に出産もしているので、芸能活動をやめたことが治療になったのでしょうね。

9歳から子役として20歳まで11年間芸能活動したので、リセットしたということかもしれませんね。



 

楯真由子の家族は田中好子や夏目雅子?

楯真由子さんの家族や、田中好子さん、夏目雅子さんとの関係についてです。

楯真由子の父親はどんな人?

楯真由子さんの父親は、小達一雄(おだて・かずお)さんといい、貸しビル業などしている実業家です。

また、女優の夏目雅子さんの兄にあたります。

夏目雅子さんの親友キャンディーズの田中好子と1991年に再婚。楯真由子さんは1988年生まれです。

父親と田中好子さんの不倫が発覚し、楯真由子さんと母親は追い出された形になりました。

田中好子さんは2011年4月21日に55歳という若さで亡くなっています。乳がんでした。

そのすぐあとに、新しい女性と子供との生活を始めたと報道があり、娘の楯真由子さんの怒りが爆発し、電話して、父親を怒鳴りつけたほどです。

きっと、幼い頃の母親と自分の姿がダブったのでしょうね。自分たちを捨てて新しい女性と結婚した父親の薄情さに怒りを持っていたのでしょう。

 

楯真由子の母親はどんな人?

母親と父親の小達一雄とはできちゃった婚で、略奪愛だったということです。

これは、田中好子さんに夫を略奪されたときに、母親が「(自分も略奪婚だったので)罰が当たった」といったという話もあります。

母親は一般人ですので、名前など詳しいことはわかりません。

父親と田中好子さんの不倫が1989年に発覚し報道され、マスコミに追っかけられたので、母親は1990年に、当時2歳だった楯真由子さんを連れて、実家がある北海道に非難します。

そして、離婚。

お母さんは、田中好子さんと夫を恨んだでしょうね。

でも亡くなったときには、それまでの恨みはなくなって、ただ悲しくて、母子で泣いたそうです。

楯真由子と田中好子の関係は?

田中好子さんは楯真由子さんにとって父の妻、継母にあたります。

田中好子さんと父親の間には子供はいませんが、女優としてたくさんの母親役を演じています。47人の俳優が田中好子さんの子供役を演じたのです。

スーちゃんこと、田中好子さんは一世を風靡した女性アイドルグループ、キャンディーズ(1972-1978)のメンバー3人のうちの一人です。16歳でデビューしています。

1978年にキャンディーズは解散しましたが、田中好子さんは当時骨肉腫で入院していた弟さんの切なる願いを聞き入れて、1980年、24歳のときに芸能界に復帰し、女優として活躍していました。

 



 

骨肉腫は癌の一種ですが、田中好子さん自身も楯真由子さんの父親と結婚した翌年の1992年、36歳のときに乳がんが見つかり、亡くなる2011年4月21日まで20年の長きにわたり、癌と戦い続けたのです。

田中好子さんと楯真由子さんの父親との結婚は、当時、やはり祝福されませんでした。大騒ぎにはなりましたね、元キャンディーズのメンバーでしたし。

田中好子さんと楯真由子さんが初めて会ったのは、2008年、楯真由子さんが20歳のときで、父方の祖母スエさんの葬儀のときでした。

父親と母親の結婚を壊した女性に会うのですから、覚悟を決めて会っています。

でも、人を愛する権利は誰にでもあるので、田中好子さんがしたことを非難してはいけないと思えるほど精神的に成長していました。

その後、二人は田中好子さんが亡くなる2011年までメールのやり取りを続け、交流を深めました。


 

楯真由子さんが芸能活動から退いたのはこのころです。祖母は楯真由子さんの芸能活動を応援してくれていたました。

祖母の支えがなくなったことが病気の引き金になったのかもしれませんね。

楯真由子と夏目雅子の関係は?

女優の夏目雅子さんは楯真由子さんにとっては父の妹なので叔母にあたります。

夏目雅子さんは1985年9月11日に白血病で亡くなっています。27歳という若さでした。

楯真由子さんは1988年生まれなので、叔母の夏目雅子さんに会ったことはありません。

しかし、夏目雅子主演の映画『瀬戸内少年野球団』や『魚影の群れ』を観て、7歳で女優を目指すようになります。

夏目雅子さんの演技はお嬢さん芸といわれていましたが、それなりの独特の味があるとオバサマは思っています。

とにかく、夏目雅子さんは美しい方でした。

白血病で亡くなったと聞いたときは、本当にびっくりで、「美人薄命」という言葉がぴったり当てはまる女優さんだと思ったものです。

 



 

夏目雅子さんの夫は、作家で作詞家の伊集院静さん(69歳)です。7年間の恋愛を経て、1984年に結婚しましたが、翌年の1985年には亡くなってしまいました。

夏目雅子さんも実は略奪愛だったのです。二人の交際が始まった1977年、伊集院静さんには妻子がいました。1980年に離婚しています。

夏目雅子さん亡きあと、1992年に女優の篠ひろ子さんと再々婚しています。

楯真由子のプロフィール

氏名:楯真由子
職業:女優、モデル、ミュージシャン(Mayuli名義)
年齢:31歳
生年月日:1988年3月1日
身長:166㎝
体重:48㎏
血液型:O型
デビュー:1997年9歳のとき、子役で、NHK朝の連続テレビ小説「あぐり」の望月和子役。
女優復帰:2018年、舞台『男の星座』主演

2005年、日本テレビのドラマ『野ブタ。をプロデュース』に、生徒の木村愛里役で出演しています。

このドラマの出演者は豪華で、主人公を亀梨和也くん、ヒロインを堀北真希さん、準主人公を当時NEWSのメンバーだった山下智久くんと戸田恵梨香さんが演じています。

2018年10月31日ファーストアルバム『Macca Mayuli.(マカマユリ)』発売。

2019年にはもっと活躍されそうですね! 期待しています。



 

error: Content is protected !!