芸能人・有名人

山本太郎が嫌いな人続出?その理由は何?好きになったという人の声も


元俳優で政治家の山本太郎さんが嫌いという声がネットにたくさん上がっています。

嫌われている理由は何か、調べてみました。

ところが、嫌いだったが好きになったという声も出てきています。

好きになった理由についても調べてみました。

山本太郎さんが嫌われている理由、嫌いだという声、好きだという人の声も含めてみていきましょう。

関連記事:山本太郎の結婚は年の差婚だった!妻の年齢や馴れ初めは?離婚理由も

山本太郎のプロフィールは?

まずは、山本太郎さんの、プロフィールを紹介します。

名前:山本太郎
生年月日:1974年11月24日
年齢:44歳(2019年7月現在)
出身地:兵庫県宝塚市
身長:175㎝
血液型:A型



 

芸能界入り

1990年箕面自由学園高校1年の時、NTV『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』のダンス甲子園に出場しました。

この出演をきっかけに、芸能界入りしました。高校は中退しています。

1991年、映画『代打教師 秋葉、真剣です』の準主役で俳優デビュー

主な出演ドラマ

1996年NHK朝ドラ『ふたりっ子』
2004年NHK大河ドラマ『新選組!』
2011年日本テレビ『アイシテル~絆~』

主な出演映画

2000年『バトル・ロワイヤル』
2001年『GO』
2012年『EDEN』主演

主な出演バラエティー番組

『世界ウルルン滞在記』
『笑っていいとも』

などのバラエティー番組に出演、ナレーションも担当していました。

その他、舞台、CM、ラジオ等にも出演していました。

政治活動

2011年4月 東日本大震災後、反原発運動をはじめました。

2012年12月 政治団体「新党 今はひとり」立ち上げ 第46回衆議院議員総選挙に東京8区から無所属で出馬し、次点で落選。

2013年第23回参議院議員通常選挙、東京選挙区4位で当選。

2014年「生活の党」に入党 党名を「生活の党と山本太郎となかまたち」に変更

2016年 党名を「自由党」に変更

2019年4月 自由党を離党し、政治団体「れいわ新選組」を設立。

2019年7月21日 第25回参議院議員通常選挙



 

山本太郎が嫌われている理由は?嫌いという人も声も!

山本太郎さんが嫌われている理由です。

竹島発言

山本太郎さんは、政治的な活動を始める前の2008年7月20日読売テレビの『たかじんのそこまで言って委員会』に出演しました。

番組では、竹島問題を話し合っていました。そのなかで、山本太郎さんは「竹島は(韓国に)あげたらよい」と発言して、批判が殺到しました。

すぐに、ホームページに謝罪文を掲載していますが、日本政府は本気で取り戻す気があるのか、いきどおりをを感じて、ショック療法のような発言したと言っていました。

しかし、みんながホームページを見ているわけでもないので、「竹島を韓国にあげる」と言ったことが大きくなり、みんなが山本太郎さんを嫌う理由のひとつになっています。

わざと過激なことを言って、注目を浴びようとしたのでしょうが、極端すぎます。

天皇陛下に直接手紙を渡そうとした

山本太郎さんは、2013年10月31日の園遊会で、天皇陛下に手紙を渡そうとしました。

実際は手渡ししています。天皇陛下は中身をちらっと見て、山本太郎さんのお話に数秒間、耳を傾けられていました。手紙はそばにいた侍従に渡されています。

 

パフォーマンスだとか、皇室の政治利用だとか、マナー違反だとか、批判の的です。

内容は「子供と労働者を被爆(ひばく)から救ってくださるよう、お手をおかしください」と書かれていました。

 

山本太郎さん本人は、手紙を渡すことが禁止されていると知らなかったそうですが、マナーとして失礼なかと思ったがあえて渡したそうです。

 

山本太郎さん、円形脱毛症になって、右側の頭の横にハゲができています。この事件でのバッシングなのか、批判されて、叩かれて、相当なストレスを受けたのですね。

山本さん自身は放射能の影響とおっしゃっているので、そうかもしれませんが、放射能のことでもあちこちから非難の嵐だったので、ストレスも原因でしょうね。

でも、数あるバッシングにめげずに頑張り続けているタフさに感心しますわ。

 

れいわ新撰組のネーミング

山本太郎さんは、2019年4月政治団体「れいわ新選組」を結成しました。内容よりも、ネーミングにイラっとしている人が多いようです。

新選組ファンもいますし、合わないじゃないかという意見も多数です。なぜ付けたのかわからないですね。

 

新撰組は滅びゆく江戸幕府を必死に守ろうとした軍隊ですよね。新しい世の中を作ろうとする団体ではないです。

山本太郎さんの目指すことと一致しているネーミングだとはとても思えませんが・・

滅びゆく江戸幕府を今の日本全体としているのなら、れいわ新撰組というネーミングは合致しますね。

れいわ新撰組を結成した際に、ネーミングについてしっかりした説明が足らなかったのでは?



 

原爆事故後の過激発言

原発事故のとき、山本太郎さんは、基準に合わせて放射能の汚染対策はとられているのに、風評被害をあおるような発言が関係者の怒りを買い、嫌われます。

山本太郎さんの発言とは、原発事故の影響が大きく、放射能の被害が深刻だから、しっかり子供達を守って欲しいということです。

被災地のことを思ってのことですが、実際は、関係者を傷つけていることがわかっていないかったようです。

風評被害で、魚や野菜が売れなかったりしています。大好きな故郷をいつまでも汚れているように言われるのも嫌ですね。

津波の直撃を受けた地域に住んでいる人を知っていますが、幸い、その方の家は高台にあったので、ご家族も無事でした。

後日ある団体から、お見舞いの手紙が届き、その中の言葉にひどく傷つき悲しい思いになったそうです。

それは、街の様子をあらわす言葉として、「さながら地獄絵図のよう」という記載です。

写真を見れば、そのように見えたかもしれませんが、そこに住んでいて、大好きな故郷がそんな風に言われので、悲しくなってしまったそうです。

もう少し、言葉を選んで、いろんな立場の人の気持ちを考えて発言してほしいと思ったとのことです。

中核派とのつながり

山本太郎さんは極左と呼ばれる中核派の支持を受けて、原発事故後に政治活動を開始し、国会議員に当選したと言われています。

反原発の過激な風評拡散は中核派の戦略で、不安をあおって、勢力を伸ばすための作戦だったとか。

山本太郎さんは中核派が何たるかわかっていながら、手をつないだということだったのでしょうかね。

山本太郎さんの秘書は織田陽介という人で、この人は、中核派の学生団体窓口といわれているNAZENの代表だった人です。

ただ、2019年7月現在、織田陽介さんが秘書なのかわかりませんでした。

とにかく、この中核派とのつながりで、山本太郎が嫌いという人もたくさんいます。

 

牛歩戦術

法案の採決の時に時間稼ぎのため、ゆっくり歩く牛歩作戦。山本太郎さんは、1人でもやっているため、注意されたりしています。

牛歩作戦は、タイミングによって、法案の可決を遅らせたり、廃案に追い込むこともできるのです。

山本太郎さんはこの牛歩戦術を何度か実行しています。しかし、法案採決に影響が出たことはないようです 苦笑。

ただ、マスコミに取り上げられて、話題にはなっているので、無駄にはなっていないようです。

でも、この牛歩戦術のパフォーマンスが嫌いという人もいます。



 

山本太郎が嫌いな人の声は?

SNS等での山本太郎さんについての投稿を紹介します。

山本太郎さんの新しい政治団体『れいわ新選組』について、「新選組まで安く見られそうで嫌」「新選組にあやまれ」という声があります。

歴史好きの人の間では、新選組ってファンがたくさんいるんですよね。

 

「『竹島はあげたらよい』でおなじみの反日議員です。こんなこと言ってたのでは、嫌われてしまいますよね」

当然という気がします。

 

「熱意はあるが知識や教養がない。本質を見抜く力はありそうだが、空回りしている。」

やる気あるのは認めているけれどっていう感じですね。最近はそういう人も多いようですよね。

 

「放射能が怖いから海外に移住するって騒いでたのにずっと日本にいるね」

そんなこと言ってましたね。

2011年に4月に、まだ俳優やってる時に、反原発運動始めているんですよね。その頃、津波の直撃を受けた地域はそれどころじゃない状態でした。

 

「こいつ中卒なのに、議員になってすごい偉そうだよね。でしゃばるな。」

これはちょっとひどいですね。学歴じゃないと思います。


 

「消費税の84%が使途不明金であると突き止めたり、良い仕事するなあと思っていたら、突然クソださいことやりだすのが山本太郎クオリティ」

複雑なところがありますね。

 

「なんでこいつ議員なの?こいつの牛歩作戦見るたびに殺意沸くわ。税金泥棒が」

本当に嫌いなんですね。

 

山本太郎が好きな人の理由は?

山本太郎さんを好きだと言っている人の多くは、最初から好きなわけではなくて、嫌いだったのに、いろいろあって好きになっています。

「好き」の反対は「嫌い」じゃない、「無関心」だといいます。「嫌い」というのは気にしているっていうことです。

いろいろ見ていくうちに結構がんばっているとか、他の政治家にくらべれば、と思ってくるのです。

 

国民は、今まで多くの政治家に、期待しても裏切られてきています。型破りな山本太郎さんなら何かやってくれそうな気になっているのかもしれません。

 

4月に一人で旗揚げしたれいわ新撰組ですが、なんと3か月間で3億円の寄付金を集めたのですよ!

これって山本太郎さんが好きで応援している人が多いということですね。

この寄付金のおかげでれいわ新撰組は候補者を増やすことができて、10名になったのです!なんだかこの勢い、熱いです。

 

山本太郎さんの街頭演説には人だかりができると週刊誌が報道しています。

演説が上手でヤジが飛んできても無視することなく、そのヤジをうまく演説に取り入れてわかりやすく説明するのだとか。

例えば、「くそ左翼死ね!」と野次られたときには、「死にたくなる世の中を変えるために私は立候補しているんだ!みんなに生きていただきたい!」と返しています。

野次った人は「死にたい」と言ったわけではありませんが 苦笑。なんか、返答がちぐはぐかも・・



 

政治家としての山本太郎さんは嫌いだけど、俳優やタレントの山本太郎さんは好きだという人もいるようです。

最近になって、出演している映画やドラマを見た人たちはそう思っているようですね。

『アイシテル~海容~』で、小学生の自分の子供が罪を犯してしまい、苦しみ悩んむ父親の役を演じていたのを覚えています。

山本太郎が好きな人の声は?

SNS等での山本太郎さんについての投稿を紹介します。

Twitterでは、「山本太郎 嫌い」で検索しても、「嫌いだったけど好きなった」とか、「嫌いな人は多いだろうけど…」っといった肯定的な意見が出てきます。

「これまでずっと彼が嫌いでした。行動が子供じみていたり、発言も相手を小ばかにするような物言いで、こんな人たちのために税金払ってると思うと嫌だったのですが…

しかし、国会でも質疑などの彼の発言の内容を改めて聞いてみると、国民のことを本当に思っているように感じてきました。」

この発言している人は、ちゃんと国会を見ているのですね。

 

「日本をだめにする消費税を廃止と唱える唯一無二の政治家で主張が一貫している」

ちゃんと国会を見たり、演説を聞いたりしている人が、だんだん好きになっています。

 

「言ってることは何一つ間違ってないじゃん。移民と派遣を批判してんだし、何がだめなん?」

「原発とか安全保障についてはめちゃくちゃなんだけど、経済金融についてはまともなんだよねこの人」

「好き嫌いが大きく分かれる山本太郎ですが、イメージで嫌いの人も多いと思います。

少なくとも彼は国民のために命を張ってやっています。多くの政治家のように保身のために政治家をしていません。」

それは何となくわかります。

 

「山本太郎が嫌いだった。でも消去法で行くと普通のことを言ってる彼が一番まとも。チェンジに挑戦してる姿はすばらしい。」

普通って大事です。

 

「私、山本太郎さんのこと嫌いだったけど、この何年かで、『この人おかしいくらい本気なんだ』と認識が変わった。

山本さんの言うような税の仕組みが変わったら、余裕ができて、人はみんな優しくなれると思う。夢かな?」

人はみんな幸せになることを願っています。

 

「調べると、山本太郎さん結構すごいですね。最近まで、どちらかというと嫌いでした。

申し訳ない、食わず嫌いでした。牛歩 アホちゃうか!って思ってました。ごめんなさい。

彼の一番すごいところは、他の票を切り崩してるのではなくて、選挙に見向きもしなかった層を寄付金で引き込んでる。」

これは感心しました。

 

山本太郎が嫌いのまとめ

山本太郎さんが嫌われている理由は、竹島発言、原発放射能の風評被害拡散、天皇陛下に手紙を手渡し、中核派とのつながり、などです。

しかし、れいわ新撰組結成後は、嫌いだったけど、好きなったという人が増えてきているようです。

関連記事:山本太郎の結婚は年の差婚だった!妻の年齢や馴れ初めは?離婚理由も



 

error: Content is protected !!