俳優・女優

吉高由里子の本名は何?非公開の理由は在日韓国人だからなのかも!


女優の吉高由里子さんの本名についてまとめてみました。

吉高由里子さんの本名は非公開となっていますが、その理由は?

また在日韓国人なのではともいわれていますが真相はどうなのでしょう?

ちなみに、吉高由里子さんの出身は東京都です。年齢は30歳(2019年5月現在)で、誕生日は1988年7月22日です。

芸能界入のきっかけは、高校1年(2004年)の時に、原宿でスカウトされたことです。

デビューは、2006年の映画「紀子の食卓」で、ブレイクは、2008年の映画「蛇にピアス」の主人公役でした。

2014年には、朝ドラ「花子とアン」で主演。茶の間の人気者になり、年末の紅白歌合戦の司会を務めました。

では、吉高由里子さんの本名について、詳しくみていきましょう。



 

吉高由里子の本名は何?

吉高由里子の本名が非公開の理由は在日韓国人だから?

吉高由里子さんは、本名は、公式には非公開とされいています。

しかし、ネット上では、本名は早瀬由里子と言われています。

どうしてわかったかというと、吉高由里子さん、デビュー前の中学3年生(2003年)のときに、HOT CAT COMPANY(ホット・キャット・カンパニー)という劇団に所属しています。

舞台「ドクター中松物語」に出演した時のキャストに「早瀬由里子」の名前がありました。

さらに、「舞台度胸・根性がある新人」などと紹介されていて、誕生日と身長がのっているのですが、それが吉高由里子さんとぴったり一致しています。

早瀬由里子は、HOT CATの新人。

先生によると、舞台度胸・根性があり、明るくキュートなアイドルとしても活躍間違いない可愛い中3だそうです。

アシスト所属の早瀬由里子(1988-7-22 157cm)ですかね?

ソネットブログ

吉高由里子が本名を非公開にした理由は?

どうして吉高由里子さんは、本名を非公開としたのでしょうか?

自分だと知られることが恥ずかしかったのでしょうか。今の世の中、すぐに特定されてしまうのですが。

なぜ吉高由里子さんは本名を非公開とし、芸名を使っているのかは、所属事務所が変わったことと関係しているのでは?と推測します。



 

吉高由里子さんの現在の芸能事務所は大手で株式上場もしているアミューズです。

本名の早瀬由里子はアシストで登録したため、事務所を変わったときに早瀬由里子を使えなかったのかもしれません。

能年玲奈さんが事務所から独立したときに本名なのに「能年玲奈」は商標であるとされ、芸能活動において使えなかった例があります。

能年玲奈は本名なのに商標だからと使えなくなる

でも当時の吉高由里子はまだ中学3年生。舞台に1つ出たばかりなので商標というほどの活躍とは思えませんが・・

その後高校1年生でアミューズにスカウトされ、アシストからアミューズに乗り換えたときに、アシストと揉めたのかもしれませんね。

アシストから「早瀬由里子」の名前で芸能活動は許さんといわれたのかも。だから、アミューズでは芸名をつけて登録し、活動を開始したのかもしれません。

本名が非公開となっているのは早瀬由里子が本名であっても、アシストに登録した名前、つまり芸能人としての「商標」なので公開できないのでしょうね。

芸能事務所によっては所属タレントに姓名判断師に芸名をつけさせるところもあるそうですが、アミューズにいるタレントさんたちは本名の人が多いのですね。

例えば、清原果耶さん、松井愛莉さん、深津絵里さんなどです。

本名で活動する吉高由里子と同じ所属事務所アミューズ所属の女性タレント左から)清原果耶 松井愛莉 深津絵里

だから、吉高由里子さん自身が姓名判断師と相談するとか、自分で姓名判断の本をみて、「吉高」という名字をつけたのかもしれません。

姓名判断でみると、吉高由里子は早瀬由里子よりずっと画数が良いです。

吉高由里子の総画は31画で、男女ともに大吉です。

早瀬由里子の総画は41画の吉ですが、女性には強すぎる画数ですし、芸能界向きではありません。実業界向きですね。

吉高由里子さんは姓名判断のお陰もあってか、新しい名前で大成功していますね。

吉高由里子は在日韓国人なの?なぜ在日韓国人と言われ始めたのかも

吉高由里子の本名

吉高由里子さん、一部で、在日韓国人なのではないかと噂になっています。

どうしてそんな噂になったのかというと、本名を非公開としているためです。

在日韓国人ということを隠したい気持ちから、非公開にしていると思われたようです。



 

もう1つの理由は、韓国ドラマに出演したことです。2012年に「ヴァンパイア検事~残された赤い記憶」の第3話に出演しました。

吉高由里子さんの役は日本人占い師ルナ役で、行方不明の女子大生の死を予知し、その後の安否を当てるというものでした。

吉高由里子さんがその時に、「原点に帰れたような気がした」と発言したことで、「韓国が原点(=在日韓国人)か」と大きく取り上げられ、うわさの元になったようです。

ちなみに吉高由里子さんの本名については、早瀬由里子さんですから、日本人の名前ですね。

韓国ドラマについての発言については、実は長い内容の一部が切り取られてしまったのです。

その全内容がこちら↓

人が人と協力して何かを作ることは大変面白いです。

大昔、言葉がなかった時代の人間も、目の前にあるものを運ぼうという共通意識があれば一緒に運んでいただろうし。

言葉がわからないままでも協力し合って何かを作っていく作業を経験して、大げさにいうと原点に戻れたような気持ちになりました。

この中から最後の一節だけが切り取られたのですね。

吉高由里子さんが言っていることは、人間というものは言葉がわからなくても、心が通じ合えば協力していけるという意味で、吉高由里子さんの原点が韓国という意味ではありません。

以上からも、吉高由里子さんは、在日韓国人ではないということがわかります。

吉高由里子の本名についてのまとめ

吉高由里子の本名のまとめ

吉高由里子さんの本名は、早瀬由里子で、在日韓国人ではありません。

非公開の理由は前事務所との関係と考えられます。



 

error: Content is protected !!